俳優

オダギリジョー「仕事なんてどうでもいい」と言い切る人生の楽しみ方とは?

投稿日:


個性派俳優として人気のオダギリジョー。10月6日公開の映画『エルネスト』では、キューバ革命の歴史的英雄、チェ・ゲバラからファーストネーム「エルネスト」を授けられ志を貫いて殉じた<もう一人のゲバラ>とも言える日系人フレディ前村ウルタード役で主演を務めました。難しい役柄さえ自分のものにしてしまう才能を持ちながら、「仕事なんてどうでもいい」と言い切るオダギリジョーの仕事論とは?

理想は、そうなんです。
でも、生きるために稼がなきゃだからね〜。
ただ、日本は、もっと余裕ある働き方を推進すべきだとは思う。

お子さんを亡くされてますもんね。
もっと大事なことがある、
辛い経験がそう言わせるのかもと思います。

■「ある意味阪本監督がチェ・ゲバラ、僕がフレディ前村」

 『エルネスト』は、阪本順治監督が本作の原案となる書籍『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯/革命の侍』(キノブックス刊)と出会ったことから始まった。3年半にわたり、監督は現地に足を運んでリサーチを続けた。オダギリジョーは体重を12キロ絞り、約半年間でスペイン語とフレディ前村の生まれ育ったボリビアの方言を習得。撮影の大半はキューバで行われた。

 「監督からオファーをいただいたのが出演のきっかけです。今の日本の映画界で、まず成立するのが難しそうな映画だなと思いましたが、それに敢えて挑戦する監督やプロデューサー陣の『革命』に参加したいと思いました。ある意味監督がチェ・ゲバラで、僕がその想いに賛同したフレディ前村のような感覚ですね」

■つらいことを乗り越える名案なんてない

 日本での撮影とは全てが異なる環境。ハードルを越えるために、くじけそうなときの乗り越え方について聞いた。

 「つらいことを乗り越える名案なんてないんですよ。ただ、乗り越えていくしかない。今作は、辞めたい、逃げたいと思う事ばかりでした。でも、逃げて先延ばしにしたところで、結局自分に帰って来るだけですもんね。それに加えて、僕が演じたフレディは、自分の命を懸けてボリビアの解放運動に参加しています。そして25歳の若さで命を落としています。そんな人を演じなければならない自分が、こんなことで逃げ出すなんてあり得ないですよね。命を懸けて戦った彼の精神性に近づく為にも、苦しいことに向かって進まなければならなかったんです。でも、逃げたかったですよ、本当は(笑)。他の仕事だったら逃げているかもしれません」

 手を抜く、ごまかす、逃げ出す…つらい時の人間の行動や乗り越え方もいろいろあるなか、「困難は乗り越えるしかない」と言い切る強さの源とは。

 「それは…結局のところ“努力”ということになるんじゃないでしょうか? 例えば、スペイン語を憶えていくことも、もちろん、本当に嫌になることの連続なんですよ。でもひとつずつ“今日は一つAの発音をクリアしよう”ってクリアした時の喜びを感じていくしかない。進歩を実感できれば、その次も進んでいける気になりますよね」

■オダギリジョーにとっての“仕事”とは

 仕事のこだわりについて聞くと、「仕事なんてどうでもいい」と意外な言葉が飛び出した。

 「自分の中では、自分の人生を一番に考えるので、仕事じゃない面も重要だと思っています。仕事は人生の中で一つの要素でしかない。大げさな話、今の仕事を辞めて、アルバイトで生きていけるのならば、それでもいいと思っています。仕事なんてどうでもいいと思うんです。人生において、もっと楽しくてもっと重要なことは他にたくさんあると思っています」

 「映画が好きで、それを仕事にしている面もたしかにありますが、ただ仕事だけが人生じゃない。人間の喜怒哀楽は仕事だけがもたらすものではないでしょ。確かに資本主義社会で生きて行くことはお金を稼がなければならない訳で、やりがいのあるプライドの持てる仕事につくことは大切なことなのは分かります。でも、僕にとっては仕事よりも人生を豊かにしてくれるものが他にあると思っているだけなんです。だって、もしも仕事をしなくても、残りの人生に必要なお金をあげますよと言われたら、最高じゃないですか?(笑)仕事を辞めて遊んで暮らしたいですよね?」

■「人は、楽しいことに没頭すべき」

 「ダメ人間の言葉みたいですが(笑)、仕事もそうだけど向き不向きってありますよね?人はそれぞれ個性がありますから、隣の人とは違う長所があるはずなんです。それに気付かず、気乗りしないことを続けても、もったいないのかなと思うんです。では自分が何に向いているのか?それを見つける1つの方法は『楽しいと感じることをとことん深める』ということだと思います。何でもいいと思います、人の迷惑にならなければ。自分の心に正直に、楽しく過ごすことが重要じゃないかなと思いますね」

 「僕は、20代をあまりに働きすぎました。やりたいこともあったし、目標もはっきりしていました。あまりに働きすぎて、結果こうなったと思うんです。“仕事なんて…”って。なってしまったものはしょうがないんですけれど、それは良いこととも思えません。30代40代って働き盛りだろうし、人生も脂がのってくる一番いい時期だと思う。もし、僕が20代の自分に会ったとしたら、“楽しいことを思い切りやるべきだ”と伝えると思います」

これに対してネット上では、

20代を働き過ぎた、目標も、やりたい事もはっきりしてて、結果こうなったと思う。は凄い共感しました。私は20代で友達も無くし、大事なのは仕事だけじゃないと、私も本当に思いました。

雇われ仕事はそう思うかもね
自分で作り出した仕事なら、また考え方変わると思う

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
その通り。
仕事は二の次って人生を私は望むかな。
ほとんどの国民はそうだと思う。
日本は本当に、働き方改革を早急にしなければならない状況にあるが、変わる様子は無いな。
日本国民はこれで良いのだろうか?
国民から行動を起こして行かないと絶対変わらないと思う。
優秀な人は海外行ったほうが幸せになれるよ。
このまま進めば遅かれ早かれ、日本は沈むゆく島だと思う。

名無しさん
人生楽しんだ者勝ち。
娘にずっと言い続けてきた言葉…
試験の朝も、苦手な体育祭も
「楽しんでおいで」と送り出したなぁ。
そのお陰か性格か判らないけれど
社会人になった今も
毎朝「楽しんで来る」と言って出掛ける。
何よりだと親として思う。

mafu※※※※※
よく考えたら、平成のイケメン仮面ライダーの最初はこの人だし、なにげにいろいろとチャレンジ精神のある人だよね。

名無しさん
確かに20代はドラマ、映画
主役ですごかったもんなー
好きだったなー
でもドラマで視聴率悪くなってから
見なくなったよね
オダジョーが悪いんじゃなくて
脚本が悪かったから視聴率とれなかった
だけなんだろうけど
それ以降主役をドラマで見なくなったもんな
でも脇役の方が今はあってるかもね

名無しさん
でも、仕事をしているからこそ、プライベートが楽しく感じたり生きている証になる時もあるんだけどね。
オダギリさんの考えもわかるしなぁ。日本人は定年退職後に鬱になる可能性が非常に高い。それは仕事に没頭して生きてきて、いざ仕事がなくなると何をしていいのかわからないらしい。
趣味も大切にしていきたいね。

名無しさん
日本人は仕事に依存しすぎってことが言いたいんだと思う。
仕事のために本当にやりたいこと、家族や趣味の時間を犠牲にしてる。
通勤に2~3時間かけたり、単身赴任で飛ばされたり、会社の奴隷と化している。そこまで仕事や金が価値があるものではない。忠誠を誓った会社が潰れれば路頭に迷う。依存しすぎた結果だ。
神は人々に時間だけは平等に与えた。だれも200歳まで生きれない。
キューバに行ってそう感じたんだと思う。

名無しさん
人生は後悔の連続です。
だからきっと過去の自分にあったら。
私も同じ事を言うと思う。
人生は1度きりやりたい事をやれるならそれはやった方がいいのかもね…。

必殺・天誅党
全く賛同いたします!
だから、年金が75歳で支給なんて言っている政権は、日本人に人生を楽しめなんて、思ってないと思う!
大橋巨泉じゃないが、いかに早くリタイアして、自分の好きなことのできる体制を作ることが、人生一番の大切なことだと思う!
日本は、十分にお金はたまっているが、天下りした一部の悪党のところに停滞している!

名無しさん
タイトルだけをみると家族を持ってる人間が何を言ってる?と思ったけど、オダギリさんは我が子を亡くした経験があるぶん、仕事以外に大事なものがあると強く考えますよね。

名無しさん
最初タイトルで何だと~!と思ったけど、読んでいるとそうも思える。でも私は明日の生活のために好きではないが働いている。



旅烏
明治維新以前の日本人の労働時間は極めて短く、しかもかなりいい加減でした。
雨が降ると中止せざるを得ない仕事は多かったし、夜になればおしまいという仕事も多かった。
安価な魚油の行灯は臭くて長時間使えないし、菜種油は高くてそんなに使えなかった。
週に30時間も働けばかなりのものだったと思われますし、それでもみんな食べていけた訳です。
人が労働者として、長時間労働をさせられるようになったのは明治中期以降ですし、皆が皆パソコンで仕事をし、ケータイで追い回されるようになったのもわずかここ20年ぐらいの話です。
一昔前はタイプライターは専門職、自動車電話は高価で、限られた人しか使えませんでした。
1980年代までは、出張ももう少しのんびりしていたものでした。
一回しかない人生、そんなにガツガツ急いで必死こいてどこへ行く?ですね。

名無しさん
この人私生児で父親の顔知らない。家庭に恵まれなかったから自分は幸せな家庭良い父親になりたかったんだろうと思う。一見悪びれて見れるけど実は凄く真面目な人だと感じます。まだ息子さん亡くされて心は癒えないでしょうけどステキな俳優なので頑張って貰いたいです

名無しさん
オダギリさんは以前からそう言ってますね。それなりに食べていけるでしょって。ほんとその通りで今の日本って平和ボケというか幸福感満足感を感じて生きてる人があまりいないと思う。生きてく為に危機感も感じないといけないと思う。働かないと食べていけないのではなく、毎日を楽しく燃焼できて生きる為に今、自分が何をすべきなのかということを考えないとね。ネット社会がそうしたのかもしれないけど、私も死ぬために生きてる気がする。何とかしないと。

名無しさん
一見、良い意味で達観してるようでもあるが、
いくら人とは違う良い仕事をしたとしても
それをきちんと見て評価してくれる人がいない。
きっと彼には、
そんな苦しさみたいなものが有るんだろうな。
アーティストはみんな、好きな映画をやったり、
好きな歌を唄ってるわけじゃないと思うけど。
時には狙って、興行的に当てていかないと、
もう次の機会がなくなってしまうわけだし。
僕はオダギリジョーよりも丁度1回り上だけど、
人間は『諦めの境地』が過ぎると
また次の次元で見えてくるものが有ると思うよ。

名無しさん
20代は私も根を詰めて働きすぎました。周りからも会社からも評価されたくて、完璧主義を貫きました。
その結果なのかわからないけれど、心も体もいっぱいいっぱいで、病気になりました。こんなに真面目に働かなければよかったと今は後悔しています。
能力と時間を、自分のためだけに使いたい。多く稼がなくても必要不可欠なだけのお金があればいいので、自分を大事に1番に考えて生きて行こうと考え方を変えました。

名無しさん
人一倍仕事してる人が言ってるからカッコいい。
これ重要だからね。
まあ後、何人か言及してるけど、彼、子供さんお一人亡くしてるからね。家族と過ごす時間の方が大切になるに決まってるよね……

名無しさん
大人になると
遊びはお金かかるよね。。
子供の頃は
公園の敷地内で済んだのに。
行動範囲が広くなるって
結局そういう事になるのだろう。
そう近くない未来に
仕事はロボットになるかな?
そしたら人間は少し休むべきだ。
働きすきだわよ(^_^;)

名無しさん
税金を払うために働いてる気がする。搾取された税金は行方不明ですが。とにかく払わないといけないし、そのためには働かないといけない。仕事より大切なものたくさんあるけど、まず仕事のことを考えてしまう。何かが変だ

などの声が飛び交っています。

-俳優

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポスト高橋一生か?NHK「直虎」出演の若手俳優・井之脇海が人気上昇中!

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・0)で、菅田将暉(24)扮する万千代(井伊直政)の“相棒”万福を演じ、実直な演技で注目を集めている若手俳優、井之脇海(21)に注目が集まっています! 万 …

保阪尚希が実業家として大成功していた!おぎやはぎ、保坂の羽振りの良さを暴露!

11日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)で「異業種に挑戦して成功した芸能人」を特集し、俳優の保阪尚希(49)の実業家としての成功ぶりを「おぎやはぎ」の2人が明かしました! 数千万 …

バツ2告白のいしだ壱成、番組内で薄毛をイジられる!・・・ホモはダメでもハゲはいいの?

18日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」(水曜・後10時)に出演したいしだ壱成(42)が、他の出演者に「薄毛」になったことをイジられました。 つい最近「ホモキャラ」がバッシングを受けて謝罪問題にま …

「シン・ゴジラ」小出恵介出演シーンをカットして放送!女性問題で謹慎中だと思い出してしまったよ。。。

昨年ヒットした映画「シン・ゴジラ」が12日午後9時、テレビ朝日系で放送され、消防士役で出演していた俳優・小出恵介(33)の出演シーンはカットされる形となりました。 小出は17歳少女との淫行疑惑が報じら …

竹内涼真が「2017年のヒット人」に選出!そういえばよくテレビでお見掛けしてましたね~!

俳優の竹内涼真が、雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ「2017年のヒット人」に選出され2日、都内で行われた発表会に出席し、「これをモチベーションにもっともっと頑張りたいです」と喜びのコメントを …