映画

スター・ウォーズの新キャラ「ポーグ」が最新トレーラーに登場!愛らしいヴィジュアルに米国ファン熱狂!

投稿日:


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する新キャラクター「ポーグ」の姿が最新のトレーラーに登場!
全米のネットユーザーが熱狂の渦を巻き起こしました。
その愛らしい見た目から、子供たちの支持も得られそうですね!

最初はイウォークが叩かれ
グンガンが出てきてイウォークの方がましだったという流れになり
今度はグンガンが許される番かな

スティッチに似てる気がしたが。
ディズニー色はあまり出してほしくないな。
それとも新たなファン層獲得の一環なのか。

R2-D2、イウォーク、そしてBB-8──。映画『スター・ウォーズ』シリーズに新作が加わるたびに、新しいクリーチャーやドロイドが登場する。それらは観客を夢中にし、やがて弁当箱やパジャマなどになっていくのだ。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(日本とアメリカでの公開は2017年12月15日)も例外ではない。しかも今回の最新のクリーチャーに対するファンの熱狂は、映画が公開される前からすでに最高潮になっている。

それが始まったのは10月9日(米国時間)の夜、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の最新トレーラーが公開されてすぐのことだ。その熱狂とは、「ポーグ熱」である。この小さなクリーチャー「ポーグ」は、レイとルークが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の終わりで出会った土地に生息している、まるで見た目がファービーのような種族だ。

練りに練られたマーケティング戦略
ポーグは最新のトレーラーにはたったの1秒しか登場しないが、ミレニアム・ファルコンのコックピットからの鳴き声は人々をとりこにした。すぐにツイートやミーム(拡散)、ファンアートの数々が現れた。この巨大な皿のような目と、必死にパタパタ動かしている羽根から逃れることはできない。

この反応は計画的なものだ。『フォースの覚醒』のときにルーカスフィルムがBB-8でやったのと同じように、このスタジオはポーグをここ数カ月かけて「最新の可愛いやつ」として売り込んできた。それが始まったのは、ディズニーのファン向けイヴェント「D23 Expo」の舞台裏の映像に、製作中だった小さな生き物が姿を現したときだ。

続いて公式サイトに、「われわれが知っているのはひとつの真実だ:われわれはポーグが大好きだ」と書かれた記事が掲載された。そこではルーカスフィルムのパブロ・ヒダルゴが、この生物がいかに可愛いかを力説した。

「ポーグはアク=トゥー原産の生物なのです」と、彼は説明する。「これはスターウォーズ版のパフィン(ニシツノメドリ)のようなもので、巣をつくったり飛んだりします。子どものポーグはポーグレットと呼ばれます。誰もがあの深く、感情のこもった目に吸い込まれていくでしょう。きっと多くの人がポーグをペットとして欲しがると思います」

ネット上に広がった「ポーグ熱」
そしてルーカスフィルムが近日発売予定のポーグの玩具を発表すると、その熱狂がネット上に広がっていった。Tumblrはファンアートでいっぱいになったのだ。

そして監督のライアン・ジョンソンは、ポーグの群れが(カラスの群れと同じように)「とてつもなく凶暴(a murder)」であるとツイートした。このときまでに人々はポーグに夢中になっていたので、監督がこの小さい生き物のハッシュタグより先に自分の名前のハッシュタグをつくってしまったことに対して、いらだちとともに突っ込みを入れたりもしていた。

だが、誰もがポーグを好意的に受け入れているわけではない。このクリーチャーはマーケティングの道具にすぎないと言って拒絶している人もいれば、スター・ウォーズのファンを長年にわたって“分裂”させる要因になったイウォークのような存在になる運命だと考えている人もいる。

だが、このスター・ウォーズを巡るオタクたちの戦争は、まだ始まってもいない。12月15日に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開されるまでは、その結果すらわからないのだ。それまでは、このパグのようなパフィンでについてのネットでのお祭り騒ぎに加わろう。まだこの生き物が可愛く思えているうちに。

これに対してネット上では、

グッズ販売での売り上げを意識して作られてる感がある。可愛いキャラクターもいいけどそっちに頼りすぎると映画としてダメになりそう。

やっぱり、最初の三部作だな・・・

宇宙大戦争なのに戦闘機の数が少ないし、ストームトルーパーの衣装がはがれかかってたりと、突っ込みどころ満載なんだけどね

突っ込みどころがあると、逆に細かいところが気ならないのかな(笑)?

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
たとえディズニーになっても命ある限りスターウォーズを最後まで見届ける。それが第一作目を風邪をひいて劇場で観られなかった俺の意地だ。

名無しさん
2でどれだけキャラに深み出せるかだなあ
1だと誰にも感情移入できないなかハンソロ殺されて腹立った
それに主役の声優さんももうちょいましな人選んでほしかった

名無しさん
最近スターウォーズが安っぽくなっている気がするなぁ。
新しいのは見る気がしないや。
初期3部作は今見ても面白いと思うんだけど、これって思い出補正なのかしら。

名無しさん
自分はSW好きを公言してきたオッサンですが、前作のBB-8といい今回のキャラといい、カワイイ狙いなあざとさが露骨で軽蔑してしまう。
ディズニーに掌握された折に危惧したことが、こういう形で表に出てしまったことが残念。
今のSWに思い入れはありません。

名無しさん
フォースの覚醒の時ほど盛り上がって無いとこ見ると、前作を見直してみると海外でも酷いと思ったんだと思う。初見では感動したけど何度も見るとガッカリする。3作目の監督が降板したのは逃げたんだと予想。

名無しさん
女子供向けの腑抜けのSWに成り下がる不安は
あったけど、やっぱね。

名無しさん
イゥオーク化ジャージャー化しない事を祈る
個人的には目の大きさと鼻の穴のバランスが不気味
実装石っぽい

名無しさん
今のSWは正直面白くないと思うのは私だけ?

名無しさん
関連グッズの促進販売か
次は握手券でも付けますかな?

日本脱出
なんとかもう一山欲しいのでしょうが、ちょっと無理がある。



名無しさん
前知識を入れないで観たい者にとっては、画像付きでいきなりトップニュースに出されるとキツいw

名無しさん
回数を重ねるごとにつまらない映画になってるね。昔のわくわく感はもう感じられないし、キャラクターの話題しかないのか。ストーリーは手詰まり感で限界だしね。もう止めたらと思う。

名無しさん
耳のないピカチュウだな、そのうちボール集めでもするのかな?

名無しさん
イウォークには到底かなうまい。
小人症俳優のアナログな演技には味がある。

名無しさん
ポーグかぁ、名前を見て一瞬スタートレックのボーグを思い出してびっくりしたけど似ても似つかぬ感じでした。残念。

名無しさん
最初っからリアルで観てた人は、とっくに冷めてると思うけど。
だから眼中にない、そんなあほキャラ。

名無しさん
個人的にSWの新キャラってなぜか魅力無い。自分が歳とったせいかもしれないが(笑)小学3年生のときに劇場で見たEP4は衝撃的でした。R2D2、C3PO、ベイダーにトルーパー、ジャワ族。
不気味でだけどカッコよく、そしてだんだん愛着がわいて好きになっていく。単純にかわいらしさを計算してできたキャラクターって魅力あsるのかな?

名無しさん
新キャラ発表してグッズがどうとかってどこぞのアイドル商法かっつうの。

名無しさん
関連グッズを売るためのキャラというのが見え見えでうんざり。
前作のBB8も好きではなかったがR2D2を尊敬してるという設定だけはよかった。

名無しさん
ディズニー映画になってからはキャラクター販売がありきだから仕方ないのかも…。ただ小学生の時にSWの一作目を見た我々世代には、まだ夢を見続けさせてくれるディズニーには感謝しないとね。

名無しさん
愛されキャラ、「TR-8R」に遠く及ばない。

(゚Д゚)…
これならまだイウォーク族の方が可愛いと思う

マティーニ
イウォークのせいで衛星エンドアの戦いが台無しになったのは事実。
ゆえに、ポーグ系に危機感をおぼえるのは分かるが、それ以前の問題。
ディズニーウォーズに今さらイウォークが加わったところで、
得意分野ってだけで、ポーグが出てこない前作から崩壊していたよ。
エンドア戦で例えるなら、イウォークが登場せず、反乱軍のみで帝国の
シールド装置を破壊したとしよう。スピーダーバイク描写の増加のみを
強化したところで、しょせんはディズニーが消費する二番煎じ。
安いオマージュアピールで、壮大にすべったのがほぼほぼ前作。
何やっても今さらだと思う。
強化して効果的だったのはあくまで当時のオリジナル作品群のみ。
ましてや、3Dありきな安い現代の流れに過去作をのせても、アメコミ
量産映画のようにその場限りのプチブームで終わる。SW1強の時代は
とっくに終わっている。

名無しさん
アメリカが作るかわいい物なんて本当にかわいかった試しがない

名無しさん
イウォーク以来の見た目かわいい&けっこう強いキャラ♡
ちょこちょこ動く丸いのはかわいいんだよね。
それにふわふわが付けば最強!!

名無しさん
ゴマちゃんかな

マツコじゃないよ、ジャバ・ザ・ハットだよ
ジブリ映画に出て来るナウシカの肩に乗っかってた黄色いもんから、ヒントを得たんかいのう。
ええじゃない。
それと、雪原でオオカミみたいなんも出てたのう。
アニメ、クローン・ウォーズに、似たようなん出てた気がしたんじゃが、晴れて実写化になったちゅうことじゃ。
ジャバ・ザ・ハットとおんなじ姿した後継者も出してほしいもんじゃのう。

名無しさん
スタ-ウオ-ズ、なんか、嫌になった私。話の流れがわかんね。どれも、同じ内容に思う、順序良く、制作してほしかったわ。

hlmwknjrqfbp
ポーグいいじゃん!
ジムベンソン的で昔っぽくて。
かわいいキャラが機械のbbだけじゃね。
愛嬌ある動物系とロボ系のキャラが充実したらダークでハードなストーリーでも和らぐし。
まぁ、ディズニー映画だから前みたいにはいかないかもしれないけど。
FOX、ルーカス映画の感じに戻らないかなー☆

名無しさん
可愛いかい?

などの声が飛び交っています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ブレードランナー』続編の“大コケ”報道に疑問の声!これもある意味…炎上商法なの?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982)の続編として先週末に全米公開された映画『ブレードランナー 2049』について、本国メディアでは大コケ報道が相次いでいます。 ボックスオフィスでは初登場1 …

「ビブリア古書堂の事件手帖」が映画化!黒木華&野村周平がW主演!

三上延氏の人気ミステリー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズが、黒木華と野村周平のダブル主演で実写映画化されることが明らかになりました! 第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門で審査 …

ママレード・ボーイ実写映画化!岡山の奇跡・桜井日奈子×吉沢亮 W主演!反対の声圧倒的多数!

吉住渉氏の人気少女コミック「ママレード・ボーイ」実写映画化決定! 岡山の奇跡と言われる桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演 携帯とかまだない時代の話。 あの頃の良さを、 現代風に変えるのかな?不便なのが却っ …

英俳優エド・スクレイン「ヘルボーイ」人種問題で批判殺到で泣く泣く降板!行き過ぎな気もするけど・・。

8月28日 映画シリーズ「ヘルボーイ」最新版 英俳優のエド・スクレイン氏(34)が 出演を取りやめると発表しました! 降板の理由は、彼の役が原作コミックでは日系米国人だったため、 白人以外の役を白人が …

「スター・ウォーズ:エピソード9」、監督交代で公開日が2019年12月20日に延期!!

「スター・ウォーズ」シリーズの「スター・ウォーズ:エピソード9」の監督交代を受け、公開予定日をこれまで発表していた2019年5月から2019年12月20日に延期されることが判明しました!! 5月から1 …