歌手

「恋ダンス」踊ってみた動画が削除の嵐!盛り上がらなくなったら用なしってヒドイ~!

投稿日:


星野源さんのヒット曲「恋」に合わせて踊る「恋ダンス」の素人投稿動画が軒並み削除の対象になっています。
曲が売れている間は投稿数も多く、事務所側もウエルカムな姿勢だったのに、今になって削除とは・・・
「踊ってみた」や「歌ってみた」のおかげで販売数を伸ばした曲も数多くあるはずなのに、なんだか腑に落ちませんね。

結構、長い間許可してくれてたと思ったんだけどなぁ。
そんなに文句言ってるかなぁ?
ありがとう。て思ってる人は発信しないから、ほんの一部の文句言ってる人が目立つんじゃないの?

もう旬も過ぎてるし、良いのでは?
むしろ今まで容認してくれていた会社に感謝だね。

「踊ってみた」は動画サイトの古典
――ヒット曲に合わせてダンスする「踊ってみた」動画は、YouTubeを始めとする動画投稿サイトの定番コンテンツに成長しています。今回の「恋ダンス」ブームもその一連の流れの中で起きました。

 「踊ってみた」文化というのはYouTube自体がブレークしたきっかけだと言われています。2005年にYouTubeが誕生した当初は、創業者たちが動物園に行って「ゾウの鼻が長い」みたいなことを言っている何の変哲もないビデオがアップされるばかりで、当初は鳴かず飛ばずでした。

 そんな状況を打破した動画の一つが、世界中の至る所でダンスするビデオを投稿したマット・ハーディングという人の「マット君のダンス世界一周」シリーズでした。

 世界各地を旅し、時に一人で、時に現地の人と、様々な場所で踊ったこの元祖「踊ってみた」動画は世界中のテレビ番組で取り上げられ、YouTubeの名は初めて社会的に知られるようになりました。

――そうだったんですね。知りませんでした。

 「踊ってみた」以外に、「歌ってみた」も人気を博したのは10年前。当時12歳だったジャスティン・ビーバーが部屋で音楽をかけながら歌う姿を、母親がYouTubeに投稿。その評判がきっかけでデビューし、世界的な歌手となりました。

 「歌ってみた」も「踊ってみた」も、動画投稿サイトの古典。こうした文化は今後も広がりを見せるはずです。

「宣伝→消費」の公式が崩壊
――そんな中で、「恋ダンス」の動画投稿が9月以降削除される事態に。発売元のビクターエンタテインメント社は期間限定で一時は容認していましたが、期限を迎えた8月末に「著作権法に基づく動画削除の手続き」をホームページ上で改めて宣言。投稿者が次々と削除する事態になりました。 

 今回、楽曲の権利を持つビクター側は、「恋」の音源を使った動画投稿を認める代わりに、投稿者に対して、(1)音源の使用時間を、フル尺での投稿ではなく90秒程度に制限するよう求めた(2)その上で、投稿期間(今年8月末まで)も設定しました。

 これが音楽ファンには否定的に伝わった。「音楽会社は、『踊ってみた』を嫌がっているのではないか。著作権違反で取り締まりたいのではないか」と誤解が生じた。「恋ダンス」の音楽ビデオは、明らかに「踊ってみた」を誘発することを狙ったつくりだったので、その誘いに応じて恋ダンスを投稿した音楽ファンを中心にぶしつけな印象を与えました。

 一方で、全く制限をかけずに「踊ってみた」で曲がすべて聴けてしまうと、レコード会社としてはプロモーションにならなくなってしまう現実もあるのです。

――制限をかけなければ、動画投稿サイトはプロモーションの場として機能しないのですか?

 動画投稿サイトという場が、音楽のプロモーションに必ずなる、という時代ではもうありません。

 宣伝というのは、宣伝した後にお金を使ってもらうからこそ「宣伝」ですよね? でも、今は8割の人、学生なら9割の人がYouTubeなどの動画投稿サイトで何度も繰り返し聴いて、それで終わりなんです。動画投稿サイト自体が消費の場になっています。

――少し前は違ったのですか?

 人々がパソコンからYouTubeなどの動画投稿サイトで音楽を聴いていた時代は、そこで好きな音楽動画を見つけたら、iTunesで買ったり、ライブに行ったり、CDを買ったり……と、こうした「宣伝→消費」の公式がある程度成立していました。

 けれども、スマホでYouTubeなどが手軽に利用できるようになって、みんながスマホを持ったら、その公式が崩れた。そこで消費して終わりになってしまったのです。ここ1、2年の「スマートフォンの若い世代への完全な普及」という、状況の大きな変化は本当に大きい。

ラジオでも過去に似たケースが・・・
――こうした変化が今回の「恋ダンス」の「期限を設定した90秒限定」投稿につながったのかもしれない、と。

 何が困るかというと、一般人が音源をフルに使って「恋ダンス」動画を作り、動画投稿サイトにアップしたら、他の人はスマホでいつでもどこでも手軽にYouTubeなどを立ち上げて曲を丸々楽しめばいい、ということになる。これはレコード会社としては一番困る。宣伝の場のつもりが、消費の場になってしまうわけですから。

 「ライブで稼げばいい」という声もありますが、チケットやグッズの売上は基本的に音楽事務所のもので、レコード会社の売上にはならないのです。CDや音楽配信で稼げないなら、制作費とプロモーション費を出したレコード会社の大損になります。

 けれど、例えば、2次創作が90秒に制限されていたら、どうでしょう?曲をフル尺で楽しめない。楽しむには、CDを買ったり、音源をダウンロードしたりしないといけませんよね。90秒で十分2次創作が栄えるなら、動画サイトの投稿がCMのような形できっちり機能するわけです。

――ラジオが普及したときも、似たよう騒ぎが起こったそうですが。

 米国で1930年代、ラジオで音楽をすべて流すようになったら、音楽が無料になったとみんなが喜んで、レコード売上が激減してしまった。

 それで、1950年代にレコード会社は、ラジオ向けに短めの曲をシングルカットして、ラジオで流してもらうようにしました。するとレコード売上は好調になった。音楽の「無料プロモーション」はこのとき定着しました。20年の試行錯誤があったわけです。

 YouTubeが登場して12年が経ちます。今回ビクターの真意はわかりませんが、こうした長期的な調整の側面もあるとみています。

――仮に消費の場になったとしても、広告費として利益を上げられないのでしょうか? YouTubeの場合、第三者の音楽や動画投稿で著作権上問題があれば、レコード会社など作品の権利者に自動通知し「投稿をブロックする」か「動画に広告を表示させて収益化する」か、選べるシステムがあるといいます。

 動画投稿サイトの広告単価は、新聞やテレビといった他のメディアと比較しても圧倒的に低いと言われています。動画1本が100万回再生されても音楽側に支払われる収益はよくて15万円ほど。プロモーションならいいですが、消費の対価としては低いですよね。

――音楽業界が、動画投稿サイトにおける「踊ってみた」文化とどう距離を取るか苦心しているように見えます。

 例えば、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」って、一昔前なら彼女たちのファンにしか伝わらなかったはずです。それが「踊ってみた」文化の普及で、動画が相次いで投稿された。その結果、「これは良い曲だな」と広まり、じわじわと売れ、再生回数が蓄積され、アクセスランキングに入り、さらに再生数が伸びて……とファン以外にも拡散し、多くの人に聴き継がれました。

――「踊ってみた」文化は、これまでとは違う仕方で、「定番」ソングを生み出す装置になっているわけですね。

 この部分に関して、レコード会社もまったく異論はありません。素晴らしいことだと思うし、実際、積極的に仕掛けるケースも多々あります。

 一方で動画サイト自体が消費の場に変化したことで、安易に「フル尺で」「無期限で」音源を使用されるのが困る状況もある。とはいえ、今回の「恋ダンス」の事例のように、レコード会社が引用の仕方や使用期限を伝えるのは印象が悪く、今後のプロモーションには悪影響が出かねません。

――音楽ファンも気持ちよく『歌ってみた』『踊ってみた』を楽める。音楽もちゃんと売れる。そのためには、どんな仕組みが必要でしょうか。

 すぐできるのは、初めから二次創作用の短い音源を用意しておくことですが、音楽ファンに周知する過程で、やはり否定的な印象を与えかねません。

 動画投稿サイトに協力してもらい、「曲の引用は90秒までOK」と権利者が設定したら、自動的にそうなる機能を用意してもらうのが一番わかりやすい。ビクター1社の問題ではなく、音楽業界が一体となって取り組む必要があるとみています。

これに対してネット上では、

逃げ恥見てなかったから、最近まで恋ダンスは名前しか知らなかった。
「売り上げに貢献した」って意見もあるけど、ほとんどの人は素人の動画じゃなくてガッキーのダンスが見たいんだと思うけど。

結局これはドラマを盛り上げるための宣伝作戦というか
だから番組が終了したらハイそれまでよ
TBSも音楽事務所もある意味自分たちの都合の良い時は活用しただけ
今回の件は色んな意味で分岐点になると思う

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
確かに、恋ダンスに限らずYouTubeでPVとか探して聞いてたら、超気に入ったアーティストなら買いに行くけどちょっと気に入ったアーティストなら満足してしまうかも?
レコード会社も気合い入れてこだわって作ったPVを普及させる様な販売したら、もう少し変わって来ると思います

名無しさん
確かに著作権の問題は難しいけど、そういう時代の流れになってしまった。削除したからCDが売れるってことは、もうないと思う。逆にこういう動画が宣伝になって 海外にもアピールできるってメリットもあると思うけど 日本の事務所が閉鎖的すぎて さっぱり海外展開できてないから。うまく利用したのはKpopじゃないかな。

名無しさん
日本における「踊ってみた」「歌ってみた」はニコニコの方が盛んだけど、記事に一言もニコニコという文字がなくてわろける
あたかもyoutubeが牽引役みたいにかいてあるし
ニコニコってよっぽど嫌われてるんだな笑
まあ最近のニコニコくそつまんねーしyoutubeの方が面白いから仕方ないね

名無しさん
楽曲通りの「歌ってみた」はまだしも、既成のダンス通りの「踊ってみた」で表現者云々言われても片腹痛い。
オリジナルダンスならわかるけど、既成のダンス通りのものなら素人動画なんていらないしむしろ消されてほしい。
振り付けを覚えたいなら振り付け動画をメーカーが売ればいいと思う。
素人の「踊ってみた」動画って、覚えたい人以外誰が見てるんですか?

名無しさん
実のところ世間は大して恋ダンスが好きなわけじゃないと思うけれど。ブームだったのはメディアが主導で流行らせようとしたのと流行りに乗っかって人気を得ようとする動画投稿者が多かったと思う。これではセールスに繋がらないのは当たり前の話。

名無しさん
やっぱり、本人じゃ無きゃね?(-_-)You-Tubeで素人が「カラオケで歌ってみました」って、イラッってする。

真島吾朗
まぁ、ちっと、星野源をターゲットに叩いてるだけだよな。

他のアーティスト、また事務所によっても対応がまるで違う。
ブームはあったと思うし、YouTubeを使って、そのブームを乗っかった人もいる。
いざ、そのやり方が出来なくなって、ブーブーいうのは、なんか違うな。調子良すぎ。
ユーチューバーを仕事としては、認めてはいないけど、稼いでる人は、どんどん違う分野で稼ぐ知恵があるので、恋ダンスがYouTubeで出来なくなっても、そこらへんは、割り切ってると思う


Moon
自分の子どもだったら安易にSNSに載せて欲しくないからこのブームは好きじゃなかったな。

tadanohimatsubushi
まあ、言いたいことは理解できるんだけど、日本で現状音楽ダウンロードの市場が発展してないのは別の要因がでかいと思うけどね。
・CDという媒体に固執している
・メーカー・配信元各社が独自の規格で音楽データを配信している
この2つでしょ。権利保護の側面があるとはいえ、ユーザーに不便を与えている。
すでに便利な道具(スマホ・MP3プレイヤー)をもってて、いちいちプレイヤーを変えずに聞きたいユーザーからすれば、購入元・アプリ・機器をいちいち変更しなきゃいけない現状じゃ、面倒で買いたがらない。
だから多少音質がおちててもyoutubeとかで流れてるMVで満足しちゃうんだよ。
囲い込みなんてやめてMP3でダウンロードさせてみればいい。

名無しさん
YouTubeでは流行ったかもしれないが、、、興味がない人は元を知らない。私もそうだけど、ドラマ観ないし。ネットで騒いでるから盛り上がってる、という最近の風潮はちょっと違うんだけどね。



名無しさん
MattHardingさんの「WheretheHellisMatt?」シリーズは、それ自体がオリジナル感溢れた映像作品だと思うけどなぁ。
素人が安易に踊る作品とは全く同列に語れないよ。

名無しさん
フォーチュンクッキーは売れてないでしょう。AKBは握手券でしょう

名無しさん
踊ってみたとかのやってみた系がおおいに流行ったのってニコ動のほうがメインだと思ってたわ
YouTubeはどちらかというと欲しい曲とか昔の曲を探したいときに聞く程度だったし

名無しさん
私は、星野さんの音楽ファンだけど、「恋」の楽曲自体を楽しみたいのは勿論だけど、カップリング曲も毎回楽しみで、それを目当てで買った。どれもとても良い曲で、アルバム並にテーマを持った作品なので。それに、その世界観を広げるジャケットデザインに、初回限定盤のビデオは、いつもの音楽制作現場のスタッフとの楽しいワチャワチャが、現場便りの役割をしてて楽しい。
CD本体が宝物なので、それを手に入れる。
音楽ファンは、自分の踊る画像を動画であげはしないと思うけど…。よっぽど、ダンスが上手くって、表現したいって人は別だけど、CDが宝物の音楽ファンってのとは、また種類が違う楽しみ方で。
それに、最初からこういうブームとして踊らせる仕掛けとして作っては無いと思う。普通に、音楽を楽しむMV作成上の演出だったのを、ドラマ側で起用しただけで。
興味深いテーマだけど、所々、ニュアンスがずれた解釈を感じる記事でした。

名無しさん
何でも無料で楽しもうとする浅ましい輩が多すぎ。
創作者や場を提供する企業への対価を払うのは損だと思ってる。

名無しさん
知らない曲をカラオケで歌ってはくれない
動画サイトで聞く→カラオケで歌う(お金が発生する)もあると思うけどなー

名無しさん
エアチェックしてた時代は録音できたし、レコードも買っていましたね。
これだけ情報過多だとしかないと思いますね。

名無しさん
よく叩かれてるとか文句をいう人がいるってニュースになるけど、そりゃ当たり前で、少数をいかにもわーわーみんなが騒いでるみたいにニュースで取り上げるのはなんだかなぁ。
それに、曲を売る側になれば、売れないのは死活問題なんだから

名無しさん
確かドラマ終了後一年の期間があったし
レコード会社的にはセールスへの影響はそれで十分だし
世間での注目だってそんなものしか持続しないから
ちょうど良かったんじゃないかと。

名無しさん
>今回ビクターの真意はわかりませんが
記者ノータリン?

などの声が飛び交っています。

-歌手

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EXILEのMAKIDAIと共に交通事故に遭い、瀕死の重症を負ったDJ・VERBALが当時の状況や人生観の変化を激白!!

2016年末、EXILEのMAKIDAIさんらと函館から札幌に猛吹雪の中、自動車で移動いる途中に交通事故に遭い、瀕死(ひんし)の重症を負い、まだリハビリを続けている人気ミュージシャン、VERBAL(バ …

過熱する報道に安室奈美恵「マスコミの皆様どうかお願いです、家族、スタッフに対する過度な取材を止めていただけないでしょうか」

来年9月16日で引退することを表明した歌手・安室奈美恵(40)が26日、公式サイトを「関係各位 マスコミの皆様へ」とのエントリーで更新し、一部の過度な取材に対し配慮を呼びかけました。 特にゴシップ誌は …

実力派シンガー・三浦大知が紅白初出場内定!めちゃイケオファーも話題で順風満帆!

大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に、歌手の三浦大知(30)の初出場が内定したことが分かりました! 先日放送されたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のオファーシリーズも話題となり、デビュー20 …

「最上もが」3週連続でレギュラー番組生放送中止!体調不良? 事務所サイドから番組終了の声も!

9月4日 最上もが(年齢非公表)のレギュラー番組 「最上もがのもがマガ!」(AbemaTV=月曜午後10時) アイドルグループ「でんぱ組.inc」から脱退した 最上もがこの日の生放送中止を発表したそう …

エイベックスがブランドロゴを一新!すごい人がデザインしたそうだけど・・・凡人にはよくわからないなあ(笑)

11月1日付で商号と本店所在地を変更したエイベックスが、2000年以来17年ぶりにブランドロゴをリニューアルしました! デザインは世界的に活動するデザイン/クリエイティブ集団Tomatoの創立メンバー …