映画

「銀河英雄伝説」3部作で実写化!手掛けるのは中国の制作会社と聞いて、ファンの反応は「微妙・・・」

投稿日:


田中芳樹さんのSF小説『銀河英雄伝説』が、中国の映像制作会社「稼軒環球映画会社」により3部作の実写として映像化されることが公式サイト上で発表されました!
第1作の公開は2020年を予定しているとのことで、ファンの間からは様々な声が上がっています!

物語的に中国が原作通りにつくることが出来るのかな?

何というか近い未来こうなるなって……
何にせよ資本が大きな中国がお金をふんだんに使って
日本が原作のアニメや漫画を実写化していくのかなって…

日本が作ると結局似た様な俳優を使って、ギリギリの予算で作って…
だもんなぁ。

未来の銀河系を舞台に、専制君主制の「銀河帝国」と民主共和制を掲げる「自由惑星同盟」、銀河帝国の自治領ながら経済国家として両陣営に関わる「フェザーン自治領」の三者が絡み合う壮大なストーリーが人気の同作。これまで、劇場用長篇作品やOVA(本伝110話、外伝52話、長篇作品3本)など映像化されてきましたが、実写を手掛けるのは、中国の大手企業グループ傘下にある稼軒環球映画。

 総裁の銭重遠さんは20年来の『銀河英雄伝説』ファンで、「『銀河英雄伝説』の映像化は、自分が若いころの夢であり、いまは大変興奮している。『銀英伝』を知っている人はもちろん、まだ知らない人たちにも『銀英伝』の魅力が伝わるような作品に仕上げていきたい」と実写映像化への情熱を語りました。

 また、先日、一部ネットメディアで『銀河英雄伝説』のポスター風の画像が取り上げられたことについては、「あくまでも社内用の検討資料が流出してしまったもので、田中先生をはじめ関係各所に大きなご迷惑をお掛けしてしまった。公開にあたってはさらに力を入れたビジュアルをお見せする」としています。

 原作者の田中芳樹さんは今回の映像化について、「自分の書く小説作品は、実写映像化が不可能だとばかり思っていました。今回、このようなかたちで実写映像化が進み出したことで、より多くの皆さんに『銀河英雄伝説』を知って頂くことができると思います。私自身もひとりの観客として、完成を楽しみにしています」と語っています。

 なお、キャストはまだ明かされていませんが、田中さんの事務所らいとすたっふ代表の安達裕章さんはTwitterで「登場人物も全員中国人なんですか? という質問が来たけど、そんなことないから(笑)。先方から見せられた『このキャラはこの人にお願いしたい』リストを見て、『ぐぅ…。やはり予算があると違うわ』と思った私」とツイートしており、潤沢な予算での制作体制となっていることがうかがえます。

これに対してネット上では、

30年近くのファンですが、やめてほしい!
あれはアニメだから成り立つ世界だと思うけど。

他の実写化もそうだけど漫画や小説って現実で表現できない
または表現しづらいものだからこそ規模や出来事を大きく激しく書けるのに今の技術でそれが出来るの?
出来てないから実写化オリジナル要素とか
言って設定や世界観をどんどん変えてしまって名前だけ借りた
全く原作と関係ない別物やチープなものしか出来上がらない

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
中国映画で民主主義を描くことが出来るのかな。
民主主義を否定しなければ、中国では上映出来ないかもね。

名無しさん
いろんな意味でやめた方が良い、だれも嬉しくならない。

sai20682000
ヤン・ウェンリーの実写化に中国の協力が得られるのは頼もしいが、それ以外の欧米系はどうする気なのだろう。
どうせなら米中若しくは英中合同実写の方が良いと思うが。

名無しさん
ヤンは適任な役者さんはいると思うけど、ラインハルトは誰が適任かな?。
年齢的に20歳前後だったと思うけどね。

名無しさん
今、まさに、読んでる最中。ちょっとハードル高いんじゃない?それでいて、一番最初のアニメのイメージも強すぎるし。

名無しさん
是非やめていただきたい

名無しさん
実写化そのものを是非を問う以前に、検討資料がこの段階で流出したことの方が問題。
同じようなことが製作過程でまた起きる可能性があることを暗示していそう。
海賊版の聖地ならではの事態と言えそうです。

名無しさん
中国の映画事情とか全然知らないが
原作を傷つけることになりそう。
まあどこが作ろうが大体実写化は失敗するからな。

beggarKorean
又。実写大失敗の歴史に加わるつもりか。
コミックでもアニメでもを実写化して成功したためしがない。
何故ならばコミックアニメはそれ自体が幻想だから個々のイメージを作ることが可能。
だが実写は製作者の勝手な思い込みで作るから初めから方向が全く違う。
それに勝手な脚色をするわ。時間調整のために端折るわ。話を変えるわのオンパレード。

名無しさん
例えば、3部作×100億=計300億円クラスの予算があったとする。
そして資本のみ中国の制作会社が負担。
主要キャストは殆どが西洋人。ヤンなどの一部キャストのみアジア人。
CGも殆ど全てハリウッドのトップクラスの映像会社が制作。
というのなら、多少は期待できるのかも・・・。

名無しさん
あのストーリーそのままだと共産党は公開に首を縦に降らないはずだが。事実上今の中国の共産党は専制政治同然であり、指導者を倒すような事を促すような思想はちょっとでも芽を摘みたいはず。

名無しさん
中国だからじゃなくて、ハリウッドだろうがどこでやってもそうだけど、実写化をぜひやってほしくない作品の一つかも。ヤマト以上に安っぽさが爆発しそうで、原作やアニメ版のイメージがぶっ壊れそう。

名無しさん
中国は金は持ってんだよなぁ。
でもコレは当たらないと思うw
オフレッサーとかどうすんだよw

名無しさん
アニメが凄すぎるから、実写版のイメージが全くわきません。お願いだからはしょらないでもらいたい。たぶん一巻分映画化するのだって、レッドクリフみたいに前後編必要になると思う。外伝まで入れたら、とんでもないことに。とりあえずアニメの我が征くは星の大海を参考に実写化してみて。ちゃんと作らないとファンから大炎上になると思う。

名無しさん
やるんだったら下手に日本人は使ってほしくない。

名無しさん
三部作ってどう切り取るの?
まさか全話をまとめる気?
1部、イゼルローン攻略から内乱の手前まで
2部、ローエングラム王朝成立まで
3部、最終回まで。
詰め込み過ぎだな。
三部にしてもあらすじで終わってしまう。
新しいアニメだって不安なのに・・・。
主役二人の声が似すぎてる。
どちらもさわやかイケメン声という意味で。
脇役も現代の声優界にそれほどバリエーションがあるかな?

名無しさん
3部作てすごいな。それだけの予算を集められるってのがもう羨ましいw
日本で作るよりはスケール感ある映像になるのは確定だと思うので、それはちょっと見てみたいわ。

名無しさん
ヤン・ウェンリーとチュン・ウー・チェン(サンドイッチかなんかをポケットに入れてた人)なら実写でいけるかも。(見た目だけ)
ウランフ提督は、、モンゴル?だから違うか。
ヤンはけっこう昔の中国の思想や戦略を使うからまあ、そこだけは。
なんにせよ、
「金髪のこぞう」(漢字が出ない、、)が再現できないではないですか。
理屈倒れのシュターデンな結果にならないことを祈ります。

名無しさん
誰も覚えてないと思うけど実写化はウッチャンと東野がやってるからね。

名無しさん
柊館ばりの炎上を予測。
銀河声優伝説は超えられない。
下手すりゃテルンハルトすら超えられない。



名無しさん
ちゃんと権利関係はしっかりしてるんですかね。また許可は取ってるが契約書はないとかいう言い訳はないですよね。

moon3_3_3jyo
リメイクアニメも期待してないのに実写
しかも中国制作とか・・・
原作ファンで喜ぶ人少ないだろこれ

名無しさん
きわめて残念。
実写化してほしくなかった。

名無しさん
productionIG版が来年観られると楽しみしていたところへまさかの悲しいお知らせ…。

名無しさん
あまり期待はしないけど現時点での落胆もしない。
先にアニメがあったりマンガが原作だったりするとどうしてもそちらと現実を比較してしまうから”そこそこ再現”できていてもイメージのずれは起こってしまう。
まあそれ以前に、長編アニメでやってしまったものを長尺複数編と言っても「短くなってしまうのが確実」なものをわざわざやろうというのも・・・。

まほ
小説は小説のままが一番で、実写もアニメもマンガもいらん
でもまあ、日本で実写化されるよりはまだマシかな……中国なら金だけはありそうだし
金をかけたらいいものができるとは限らないが、低予算の邦画SFよりはごくわずかでも奇跡が起こる確率は上だろう

名無しさん
漫画のドラマ化の時に、日本制作よりも、台湾制作の方が原作時忠実だったりするからな。
不安もあるけど、期待しちゃうな

名無しさん
「トップが優秀なら専制政治も悪くない」「民主主義も腐敗する」ってとこだけ強調されそうだ。

名無しさん
3部作ってことは全部合わせても10時間足らずってことですよね。
その長さなら、どんなに予算をかけても、国に関係なく
原作を忠実に再現するのは無理でしょう。
宝塚の舞台でやったのような感じの実写版映画になるんじゃないのかな。
個人的には、予算があるのならオリジナルキャストの音声を活かして
アニメ映像を作りなおして欲しいのですが、難しいでしょうね。
オリジナルキャストの声優陣の素晴らしさは、二度と再現できないと思っています。

名無しさん
ワタルかと思った

などの声が飛び交っています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残念〜おしい〜!是枝裕和監督「三度目の殺人」ベネチア映画祭金獅子賞落選↓↓笑点の方がおもしろい!

9月9日夜(日本時間10日未明) 第74回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門 日本から唯一出品された最新作 「三度目の殺人」(公開中)でしたが受賞ならず!! 是枝裕和監督 まぁ、スタンディングオ …

『ブレードランナー』続編の“大コケ”報道に疑問の声!これもある意味…炎上商法なの?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982)の続編として先週末に全米公開された映画『ブレードランナー 2049』について、本国メディアでは大コケ報道が相次いでいます。 ボックスオフィスでは初登場1 …

「スター・ウォーズ:エピソード9」、監督交代で公開日が2019年12月20日に延期!!

「スター・ウォーズ」シリーズの「スター・ウォーズ:エピソード9」の監督交代を受け、公開予定日をこれまで発表していた2019年5月から2019年12月20日に延期されることが判明しました!! 5月から1 …

JASRAC、映画音楽の上映使用料を引き上げへ!なんだかNHKと同じニオイがするぞ・・・

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、映画音楽の上映使用料を大幅に引き上げる方針を明らかにしました! 現在1本あたり18万円の定額制としている外国映画について、興行収入の1~2%を映画館から …

スター・ウォーズの新キャラ「ポーグ」が最新トレーラーに登場!愛らしいヴィジュアルに米国ファン熱狂!

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する新キャラクター「ポーグ」の姿が最新のトレーラーに登場! 全米のネットユーザーが熱狂の渦を巻き起こしました。 その愛らしい見た目から、子供たちの支持も得 …