歌手

坂本龍一がJASRACに苦言!透明性を明確にしないと誰も納得しませんよ!

投稿日:


日本音楽著作権協会(JASARC)は、映画音楽の上映使用料を引き上げ、映画館から徴収する方針を決めましたが、「戦場のメリークリスマス」「レヴェナント:蘇えりし者」など、数々の映画音楽を手がけてきた音楽家の坂本龍一さんは、クリエイターへの適正な還元を求めつつも、小さな劇場への影響を懸念しています。

ホントその通り・・・彼らのやってることは利益の追求で音楽文化の普及発展にに何の役にも立ってないと思う・・・課金のゴリ押しはやめた方がいい・・・

権利を持っている側が言ってくれるとリアルだよね。要は一般人から取った金をどう配分しているのかしっかり内訳を公表すれば良い。

18万円は非常に低いが…
――JASRACは外国映画の音楽について、映画1本あたり18万円だった上映使用料を興行収入の1~2%に引き上げ、これまで支払いを担ってきた配給会社に代わって映画館から徴収することを目指しています。いずれは日本映画も同様の契約に改めたい考えです。

18万円は非常に低く、とても妥当とは言えないと思います。映画業界は音楽の価値を認めて、興行収入に連動したインセンティブを導入してもいいのではないでしょうか。

いま音楽だけで生活していけるのは、ごく一部のアーティストだけです。日本ではインセンティブ契約はまずありませんし、(楽曲の)買い取りのような形が主流なので、作曲家は大変です。

だからといって、海外と同じように興行収入の1~2%にすることがいいのかどうかはわからない。少なくとも僕は、すぐに海外並みに引き上げるべきだ、という意見ではありません。

作曲家の立場からすれば高い方がいいということになるのでしょうが、僕自身が映画に従事する身でもある。

仮にヨーロッパ並みの2%に引き上げたとして、それによって小さな映画館が犠牲になるようでは心が痛みます。

メッセージを出した経緯
――11月8日のJASRACの記者会見では「使用される音楽とその著作者に対しての正当な対価が支払われることが重要」とする、坂本さんのメッセージも紹介されました。坂本さんが、今回のJASRACの方針を全面的に支持しているように誤解した人もいるかもしれません。

JASRACからは「映画業界へ向けてメッセージを出してほしい」ということで依頼書が送られてきました。

世界的に見ても、映画のなかでの音楽の地位は低い。日ごろからその点を問題だと思っていましたし、機会をみて発言してきました。

信頼するイタリアの作曲家、ダリオ・マリアネッリがすでに長いメッセージを寄せていたこともあり、引き受けたのです。

ただ、送られてきた資料には、海外並みのパーセンテージにするとか、劇場から徴収するといったことまでは書かれていませんでした。

小さな映画館も一律でいいのか
――では発表を知って、寝耳に水の部分もあったのですね。

そうですね。事前の情報はまったくなかったので。

一足跳びに海外のスタンダードにすれば、弊害も出てくるでしょう。小さな映画館はつぶれてしまうかもしれない。

一口に映画館といっても、製作会社とリンクした大きな会社もあれば、個人でやっているような小さなところもあるわけです。そこに一律で同じ条件を当てはめていいのか、難しい問題です。

日本独特の映画ビジネスの実情もあるでしょうし、劇場だけが負担すべきなのか、製作者などが支払うべきなのか、僕にはそこまではわかりません。

JASRACと映画関係者とで、よく話し合う必要があるのではないでしょうか。

母にだっこされ見たフェリーニ
――坂本さん自身、映画館には思い入れがありますか。

4~5歳のころ、母親にだっこされながらフェリーニの「道」を見たのが、映画館についての一番最初の記憶かな。

暗いところに長い時間いて、別に楽しくはなかったんですけど、妙に音楽がこびりついて。後からラジオでテーマ曲を聴くと「あ、あの時の曲だ!」とすごく嬉しかった思い出があります。

その時の体験はいまでも強く生きていますね。

高校生の3年間は、人生で一番たくさん映画を見た時期でした。3本150円とかの安くて小さい映画館ばっかりですけど(笑)。大島渚さんやフェリーニ、ゴダールなんかの作品をよく見ていました。

新宿の名画座とか、ヤクザ映画ばかりかけている映画館だとかに、毎週のように出入りしてましたね。

個人的に、小さな映画館への愛着はとても深いです。

音楽教室からの徴収は「踏み込み過ぎ」
――JASRACに対しては是々非々の姿勢ということでしょうか。

その通りです。随分昔から文句を言ってきましたが、「JASRACが100%正しい」とか「100%間違っている」ということはありえない。

今回の上映使用料の件で言えば、「18万円は少ない」と声をあげること自体は間違っていないと思っています。ただそれは、JASRACのためではありません。自分たち作曲家のためです。

――JASRACは6月、音楽教室から演奏に伴う著作権料を徴収することを正式発表しました。

音楽教室のなかで複数の生徒さんが演奏したとしても、内輪の範囲だと僕は思いますけどね。JASRACはちょっと踏み込み過ぎたんじゃないかな。そんなことよりも、ほかにやるべきことがあると思いますよ。

これに対してネット上では、

そのうち…
JASRACは鼻歌にも課金してくると思う。
鼻歌に注意しなければ。

作曲家であり、映画に関わった経験があるから難しい立場ではあると思う。でもよく言ってくれた。
JASRACが潰れるのが最善の道。

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
日本の音楽業界が衰退する前に、このJASRACのあり方をミュージシャンや視聴者も含めて考え直した方が良い。
どう考えてもJASRACはやりすぎ。ここはどういう団体なんだろう、いったい。
そして会計は透明性を持って、きちんと公開しないといけない。きちんとした会社組織ならオープンにできるはず。
もし少しでも不適切な会計を行っているようなら、潰してしまって新しいオープンな組織に作りなおさないといけない。

名無しさん
ただ現状が国際的にみて、おかしいからって一律に海外と同じにする必要はないと思う。
現在の日本の実情に合う形をまずはJASRACがしっかり考えたら?
あとは何よりもJASRACが徴収しているお金が一体何に使われているのかを明示すべき。これが役員の懐に入っているとすればとてもじゃないが筋は通らない。

ミク3
JASRACはお金ばかりを取り過ぎですね。
体質がNHKと似ていますね。
(ネットでお金を取る考え、車テレビでお金を取る考え)

名無しさん
映画の興行収入の1~2%ってすごい金額だと思う。
自分には妥当な金額と思えない。
そもそも映画音楽を作曲した人って、製作費からお金を受け取っているのでは。
なぜ改めて1~2%も請求できるのか。JASRACはそこから何パーセント取るつもりなのか。
全然妥当と思えないので、いっぺん裁判になればいいと思う。

名無しさん
昔、カラオケボックスを経営してたが
JASRACの徴収はヤクザ以上だった
倒産した会社にも容赦ナシだった
現在のやり方見てても
もっとやるだろうと予想してます
1度解体した方がいい
多分、上層部にロクでもない輩がいるはず

名無しさん
JASRACが金の流れを明らかにすることは無いでしょう。
大半を自らの懐にいれてるだけなのは確実だし、
明らかにしたところで今以上に反感を買うだけ。

名無しさん
アーティストも、映画館や音楽教室も、消費者も、音楽に直接かかわっている人間は誰も喜んでいないのに。
JASRACさん。
この件の「受益者」は、だれ??

名無しさん
教授みたいに影響力のある人が
束になってこの様な指摘をして欲しい。
今が色々と変えるチャンスだと思う。

名無しさん
一本あたりだと、そもそも興収なさそうな小さな映画はどんどん上映されなくなるだろうね。

名無しさん
その通りだと思う



名無しさん
ツイッターでみたネタだけど、指定暴力団JASRACっていうのが的を射てる。

名無しさん
実家の喫茶店に来た時、ズルそうな親父と、グラサンの巨漢が仁王立ちなって入って来た。思わず「昭和か!」って怒鳴ってやった。売れないインディーズの中には「タダでも使って欲しい」「あっちこっちで使ってもらった事があるけど、印税なんてもらったことがない」って言ってる。上納金の方法にはアーティスト別ではなく一括ってのもある。その分配は明らかになっていない。
それより、ここは誰の天下り先なの? それを明らかに!

名無しさん
名のある坂本龍一さんだからこその影響力もあるだろうねこれは。宇多田ヒカルも音楽教室の際コメントしてたけどJASRAC問題はもっとおおごとにして、今の時代だからこその提案などをしなければいけないだろに…。

名無しさん
これが全てな気がする。今やってるのは、昔のヤクザと変わらない。ここの土地使うんだから、金を出せ。
その利益はどこにいくの?誰がどれぐらいの取り分なの?何に基づく計算なの?誰がいったい利益を得られるの?
作曲者は、これからも素敵な曲を作ってほしいし、お金が原因で辞めますってことにはならないでほしいと思う。だからこそ、それを管理しているところがしっかりとまとめて公正に対応してほしい。
少なくとも作曲者側からそういう声が上がってるなら、きちんとそれに対応すべき。レコード会社がいいって言ってるならいいじゃんって考えはお役所仕事過ぎて現代になにもあってないわけだから。

名無しさん
JASRACによる著作権詐欺ビジネスもだけど、
音楽業界囲む大手のCD販売及び楽曲配信ビジネスにしても、
作り手である作詞作曲家、現場のアーティストを搾取しまくり、一曲の売上あたり十数円とか何とか、ふざけた事をしているもんだから、J-POPは激しく衰退してしまった
先日、チャゲアスのASKAがこの今の音楽業界の状況を打破しようと新たな音楽配信形態サイトとして『Weare』という会社を立ち上げたという話を耳にしたけど
ここでは配信した売上の実に70%をアーティストに還元するという、画期的な還元システムを築いたと一部話題になったけど、
確かにそれくらい現場に還元してやらんと、そこら辺のアーティストは路頭に迷うしかないからなぁ

名無しさん
基本的に楽して多く徴収しようとしているのがまずダメ。映画館から徴収するなら観客数で料金を変えるべき。1人辺りいくらにすればまだ平等に取れる。それでも今回の主張だと売上の半分寄越せって割合になるからそれは横暴過ぎる。
さらにJASRACは徴収したお金が何に使われているのかをもっと明確にするべき。天下りだって全く問題にされていないのはおかしい。CDの売上だって一時期より落ちているんだから当然、給料は低下しているハズだからその点も詳しく調べるべきだと思います。

名無しさん
引き上げよりも、「分配を適当にやってる」ことが問題なのでは?
ここのシステムを公開すべきですね。それからいくらピンハネしているのかも。配るだけなら機械化すれば一人でもできる仕事です。
人員の削減で10人以下にするのも同時に明示していただきたい。
NHKといっしょで姿を変えた税金の意味合いが強く裏金がどこに流れているのかをメディアのひとはすっぱ抜いてほしいですね。

名無しさん
制作会社と作曲者の間の契約で片が付く話なのに
なぜ小売たる映画館が負担せなならんのか

名無しさん
JASRACはもう金の亡者のイメージしかない

名無しさん
坂本龍一の発言には一定の影響力があると思うので最近は
的外れな政治的な発言が多く残念に思うことが多かった
今回は徴収され、それを配分してもらう立場の音楽家として
不透明な運営に苦言を呈しているため大変意義深い

などの声が飛び交っています。

-歌手

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元SMAPの3人のファンクラブが会員番号が9万台に達するほど申し込みが殺到している模様!!

ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(43)、香取慎吾(40)が22日に立ち上げたファンクラブの会員数ついて3人の窓口を務める弁護士は25日、「予想を上回る大変多くの方々に …

電撃引退発表をした安室奈美恵にテレビ界で争奪戦が勃発!!NHKは紅白大トリに3億円用意も固辞?・・その3億円って受信料から出されるんですよね・・?

突然の電撃引退発表をした歌手の安室奈美恵(40)をめぐり、引退前に何とか出演してもらおうと、熾烈な争奪戦を繰り広げてテレビ界が大騒ぎになっている模様 そりゃあ高視聴率取れるからマスコミも死に物狂いにな …

吉幾三の引退宣言はウソ? ダウンタウンなうの発言を修正!目標は50周年!

「俺(お)ら東京さ行ぐだ」「雪國」などの ヒット曲を生み出してきた歌手の吉幾三(64) 来年、音楽を学ぶために海外に旅に出るらしいとか? あれ? 引退するのでは? 実際は違ったみたいですね。 この人の …

X JAPANのYOSHIKIがヨーロッパ訪問中に倒れドクターストップ!もういい歳なんだから休養しないと。。。

ヨーロッパ各地を訪問中のYOSHIKI(X JAPAN)が体調不良でダウン、医師から休養が必要と診断されました。 YOSHIKIは首の手術後も精力的に活動していますが、ファンからは休養して欲しいといっ …

嶋大輔、「余命4年」と診断される!妻の努力を無駄にする愚行に唖然!

歌手でタレントの嶋大輔(53)が9日に出演したTBS「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)のコーナーで、余命4年と診断されました。医師から生活習慣の改善するよう勧められましたが、衝撃の余命診断に混 …