TV番組

ネットテレビと地上波の違いとは?『Abema』スタッフが激白!

投稿日:


先ごろ、人気バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)終了の話題を受け、ダウンタウンの松本人志が「とんがったものを作っていくのは不可能に近い」「クレームのリスクも高い」と『ワイドナショー』(同)で発言し話題になりました。
一方、ネットメディアであるAbemaTVで『72時間ホンネテレビ』が配信され大きな渦を巻き起こしたように、地上波とは反対にネットテレビの勢いが加速しています。そんな状況をAbemaTVのジェネラルプロデューサー・宮本博行氏が、ネットメディアと地上波における番組制作の“棲み分け”が今後どうなっていくかについて語っています。

地上波の番組を見ると色んな規制や約束事があるなかで、しっかり笑いをとって共演者にほどよく話を振って事務所の顔を立てながらも番組を回せる一流の芸人さんにはただただ凄さを感じる。たが、番組自体の面白さは、やりたいことをとことんやってるネット番組のほうが遥に面白いですね。

確かに放送の監視は必要ちゃあ必要。
必要なんだが、BPOは第三者の目線から、というよりテレビ関係者からの目線の方が大きいし、過剰なクレームによってさらに萎縮された。

その縛りがないネット番組はやっぱり強いと思う。
スマートフォンがあればワンセグなんていらないしね

■Abemaの番組では、作り手が「やりたいことをやっている」

 地上波のバラエティー番組作りに危機感を募らせる松本人志は、Twitterでも「バラエティー番組はいよいよ大変だ」「バラエティー番組はスピード違反で叱られる時がある(原文ママ)」と投稿。一方、ネットメディアを見ると、芸人や制作スタッフが“やりたいことをやっている”ようにも見える。実際、芸人から「こういう番組をやりたい」と提案されるケースもあると宮本氏は語る。「バナナマンの日村勇紀さんが体を張って”新定番”を開拓していく『日村がゆく』(AbemaTV)という番組は、情報要素はまったくのゼロで“お笑い要素”だけ(笑)。多分、この内容だと地上波では放送できません(笑)。そうした意味でも、作り手が笑いだけを追求した“やりたいことをやっている”番組」と同氏。他にも、“ブスとは何なのか”をテーマに「ブス」の本音をお届けする「おぎやはぎの『ブス』テレビ」などがあり、AbemaTVの番組作りにはネットメディアらしい“振り切り感”が見える。

■BPOへのクレームなど、“規制”に縛られる地上波バラエティーの現状

 一方地上波では、今年の『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)での優勝をはじめ、飛ぶ鳥を落とす勢いだった芸人・アキラ100%の“裸芸”に対し、放送倫理・番組向上機構(以下・BPO)にクレームが寄せられ物議を醸した。この件は、地上波における“規制”の現状を端的に示している。それに比べて『日村がゆく』は、ネットユーザーから「地上波では絶対にムリ」「下ネタすぎて笑える」などと支持され、その尖った番組手法は地上波とは一線を画している。同番組について宮本氏は、「この内容で1時間番組は挑戦です(笑)。しかも毎回日村さんはアソコを見せてますからね。自慢じゃないですが、多分200本位のアソコがあったとして、僕は日村さんのアソコを見分けられますよ」と笑う。他にも、チュートリアル・徳井義実がMCを務める『DTテレビ』は出色の内容。これは、モテモテのアイドルも、クールなダンサーも、イケメンのスターも、みーんな最初は童貞だったよね。そんな、童貞の、童貞による、童貞のための番組。こうした“下ネタ”路線からは清々しささえ漂う。

 しかし、90年代の地上波では『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)、『ギルガメッシュないと』(TV東京系)など下ネタ満載の番組も普通に放送されていた。「下ネタを笑いに変えるっていう手法は、それこそ僕なんかが小さい頃に観ていたテレビ番組の憧れ。ただ、下ネタだけだと能がありません。それをどう“笑い”に変えるかが大事だと考えています」と宮本氏は解説する。

■“ネット番組は予算が潤沢”は間違い!? 予算の集中投下で違いを産み出す

 ネットメディアの今を語る際、地上波と遜色ない、もしくはそれ以上の“潤沢な制作費”もポイントのひとつ。実際、Amazonプライムの『戦闘車』など、膨大な予算をかけた番組が話題に。地上波とネット番組の気になる予算事情について宮本氏に聞くと「他のネットメディアの場合、AbemaTVのように編成表があって、アニメやドラマを毎日放送するというわけではありません。そのため、ひとつの番組に予算を集中投下出来る利点があるのでは」と分析する。つまり、AbemaTVも地上波と同様で、毎日のレギュラー番組がある中で特番をやるため、いわゆる『戦闘車』や『ドキュメンタル』(共にAmazonプライム)のように、予算を投入できる番組は限られるようだ。事実、宮本氏が手掛ける『日村がゆく』の制作費はかなり安いことでも知られる。こうした点からから、ネット番組の制作には“予算をかけて好きなことをやる”場合と、“予算がなくても好きな番組をやる”という2つの手法があることが見えてくる。

 今、ネット番組に比べて地上波は番組作りでも“配慮”を求められることが多い。しかし、その点について宮本氏は、民放とネット番組ではそもそも与えられた役割が異なると強調する。「まず、民放には“公共性”が求められるということ、そして“伝える義務”というものがあって、そうした中で工夫しながら頑張っている。逆にAbemaTVはチャレンジしていく立場なので、『観る人がいないところを観せていく』という事を今やっている。そう考えると、むしろ地上波と良い補完関係があると思います」

これに対してネット上では、

地上波のギャラを取るか、ネットで好きな事をするかなのかな?
確かに数字が命の地上波じゃ出来ないよなw
BPOたる謎の団体を無視して面白い番組を作って欲しい。
TBSの謝肉祭って面白かったけど、もうやってくれないよな〜。
俺は見てるけど、めちゃイケもみなさんも終了してから
また観たいって人出てくるんだろうな。

番組を観る→いい所でCM→萎える
地上波にも面白い番組はある。
そんな番組は録画して後日CM飛ばして観る。

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
バラエティに限らずニュース番組もそう。
株主である大手新聞社の意向がすべて。
最近、特に偏った報道が目立つ。
ネット番組がすべて真実であるとまでは言わないが、
少なくとも地上波とか新聞では報道されないニュース
が分かる。

名無しさん
テレビ番組は誰でも受け入れられる番組を作る義務があって、ネット番組は受け入れられないなら観なければ良いという割り切った番組を作れば、それはそれで良い関係だと思う。ネットが普及してなかった昔は、それがテレビ内で共存してただけの話。ただ、最近のテレビで目立つ偏向報道や誤報を見ていると、テレビの公共性って一体何なんだと思う。

moon
地上波は、天気番組、料理番組が多くて見なくなった。
天気予報士がタレントになる時代です。
しっかりしたドラマに限らず、番組が有れば見ますけど。

名無しさん
近頃TVで目に付くのがCMのタイミングと頻度。
地上波は「答え(さわり)はCMの後」がやたら多すぎ。
ネットはぶっこみ型(脈絡無しで突然)CMが多い。
有料放送(BS、CS)でのCM枠の多さは閉口する。
なぜ視聴料払ってCM観なきゃいけないのか。
視聴者はもっと声を上げよう。

名無しさん
ネットが面白くても
今参入してない人たちや
吉本とかの人がたくさん
入ってきて飽和状態になる
結局ネット社会でも見たい人だけを
みるようになるテレビと同じ
見たい人しか見ない
元smap三人はただ早くやっただけで
別にこの三人が特別注目された訳じゃない
凄く違和感を感じるのが
この三人のインスタやプログが
いちいちヤフーとかに上げ記事で載ること
これも誰かが情報操作してると思う
逆に木村くんの記事はすべて下げ記事
おかしいでしょ!
テレビも操作しているかもしれないけど
ネットって影でいくらでも情報操作できると思う信用できない

mrxt
放送局って免許を与えられてするものだから規制とか公共性とかで縛られるのはある程度仕方がないと思うが、ネットで個人が直接発言する場が出来たことによって社会的に流れができてしまうとスポンサーの事もあるしそれを意識せざるおえないんじゃないかな。
報道にしても偏向偏向って言われるし。マンネリとか言われてもハミ出すと批判がネットで広まって直接来るんじゃ作るほうも大変だろうな。

CHONGKUNDANG
地上波のサブチャンネルを、1局で同じのをやるのではなく、ローカルセールスを強化したり、メーンで飛び降り、飛び入りの番組もサブでフルに見せる配慮が欲しい。
あとは、マストバイ以外の3局以下で、クロスネット対象局は、サブに別番組を入れて番販の番組を流すべし。
地域によって、見れない番組があること自体不公平。
地上波離れ加速するかも。

名無しさん
ちょうど今時代が変わっている最中

名無しさん
72時間をきっかけにアベマを見るようになりましたが、地上波と同列にチャンネル選択の一つとして観てますよ。
電波テレビで何も観たいのが無くても、アベマつけたら古いアニメ暇つぶしに見てみたりね。
チャンネル選択肢の多さがネットテレビの魅力でしょうか。

強風ハロー警報
ドラマや報道は地上派、アニメやスポーツはネットでよい。バラエティーは今はネットが新鮮に感じるけど、ネットも飽きられると思う。
ネットは町工場的な立ち位置だよね。



名無しさん
思い出補整があるかもしれないけど、昔のバラエティー番組や歌番組の方が面白かった。

名無しさん
地上波がつまらなくなったのは、BPO以前にテレビ局がクレームに過剰反応し始めたことだと思う
直接的なクレームでなくてもSNS等でネガティブな話題になれば、火の粉を振り払う勢いで沈静化しようとして次回以降の番組がつまらなくなる
情報を発信しているテレビ局が情報に負けたんだよな

白丸
ネットと地上波の差ってのは番組作りの自由さだろう
特に有料動画サイトのバラエティーはとりあえずやってみようの博打感が面白いですね

名無しさん
地上波は規制ばかりでどんどんつまらなくなっていく。
特にクレームに屈しすぎで拍車がかかる。
ネットは今はまだその辺が緩いから
ギリギリで面白い作品が多い。
ただ今後地上波に向けられていた矛先が
ネットにも向けられないかが心配の種。

まな
AbemaTVはチャンネル数
多いし何かしら観たいって番組が
ちゃんとありますよ。
SP番組とかも面白いのあるし・・・
何より私のとこは田舎なんで
テレビのチャンネル数少なくて
酷いときは興味ない番組被りになってる時
あって、そういう時はAbemaTVとか
観て楽しんでます。

名無しさん
地上波での番組の住み分けは以前は「放送時間」だった。
不文律で夜9時からは大人の時間で、視聴者として、女性も子どもも老人が排除された。(つまり下ネタがあっても逆に何でそんな時間帯にテレビを見てるのか叱責された)
近年のTVを見てると自由な報道(ある意味での偏向報道)があり、NHKですらふざけ番組を作り、それに対する反論する報道がないため、どうしてもBPOの必要性が生まれてしまう。
つまり現代では、視聴者を選別するにはコンテンツで選ぶしかない、って事だね。デパート型の大型箱を選ぶか、セレクトショップを選ぶか、って事。
今後はあなたは番組を見る為の資格がありますか、と同意させてから見せるべきだと思う。
意見を言ってはいけない人が意見を言うから変になる。
批評家には何を言っても批評のタネになるだけなのでね。

名無しさん
そもそもテレビをほとんど見ない。
最初は見たい衝動に駆られるけど、それもすぐに無くなるよ。タバコの依存みたいに。
何よりテレビ離れして気づいたのは報道やバラエティーの番組の「味付け」がヒドい!
全然公平に扱ってないワイドショーみたいなニュース番組やニヤニヤしてるコメンテーター。何を食べてもどこに行っても「こんなの初めてですぅ!」しか言わないタレントと芸人。身内で褒め合う気持ち悪い番組。そんなのばっかり。そりゃあバカになるわ。
テレビは「むしろ見てはいけない」ね。

名無しさん
有料チャンネル化をもっと強めに推進した方が良いんじゃない?
タダで見れるからなんの責任もなく私見だけで騒ぎたてるヤツが出るんだと思う。
で、そんな大衆にスポンサー企業は迎合しすぎ。各局が実際に気にしてるのは、視聴者などではなく金くれるスポンサーである事も分からず、アホな視聴者が履き違えた世直しに躍起になっている。そんなアホに企業は媚びる。このループに光なんか見えないわな。
今の経済状況然り、メディアを歪ませている根源は大衆に迎合する昨今の企業体質にあるんじゃないかな。
お客様は神様です、というフレーズが有るが、それはあくまで方便にしとかないと、そりゃ歪みが生まれるよね。清廉である事が万事良いワケではない。

名無しさん
マッチポンプ。
地上波もネットテレビも台本通りのやらせ。

などの声が飛び交っています。

-TV番組

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バラエティー版『カイジ』放送決定!出場者はお笑い芸人など原作者公認の「クズ」12人!

福本伸行氏の人気漫画『カイジ』を原作にした視聴者参加型バラエティー『人生逆転バトル カイジ』(TBS系)の出場者12人が30日、番組公式ホームページで発表されました!お笑い芸人の岡野陽一(36/元巨匠 …

「クイズダービー」で活躍の篠沢秀夫さん死去。2009年からALSで闘病生活だった

TBSのクイズ番組「クイズダービー」などで活躍した学習院大名誉教授の篠沢秀夫さん(84)が26日未明、東京都文京区の病院で亡くなりました。 「篠沢教授」の愛称で視聴者から親しまれていましたが、2009 …

なぜ好調?「帰れまサンデー」平均視聴率が13.1%!夕方へ移動で成功?

8月6日に放送されたテレビ朝日「帰れまサンデー」(日曜後4・30)の 平均視聴率が自己最高の13・1%を記録したことが分かりました! (ビデオリサーチ調べ、関東地区) 今年4月に夕方に移動したのが成功 …

情報番組「ちちんぷいぷい」リニューアルで関西脱出?偏向報道がひどい!角さんが辞める時に番組終わりでよかったのでは?

MBS毎日放送人気情報番組ちちんぷいぷい」 10月からリニューアル発表 角さんがいてた頃が一番見やすかった。 西さんもいいけど、あんまり見なくなったなぁ。 でも唯一の楽しみは、ロザンの道案内のコーナー …

フジ「27時間テレビ」が生放送をやめた理由とは?生でやる意味もないし、27時間もやる必要もない

総合司会:ビートたけし(70) アシスト役:村上信五(35) れきしサポーター:林修(52) とりあえずたけしさんの通訳として 安住アナを助っ人として呼ばないと(笑) まぁ面白い面白くないはおいといて …