女優

女優「のん」がいよいよ歌手デビュー!目指せスーパースター!じぇじぇじぇ!

投稿日:


女優ののんさん(本名・能年玲奈)(24)が、11月22日にシングルCD「スーパーヒーローになりたい」で本格的に歌手デビューすることが分かりました!「のん」が代表を務める音楽事業会社「KAIWA(RE)CORD」からの初作品は、「じぇじぇじぇ」からエレキギターに武器を持ち替えてのロックスター宣言となりそうです。

スマップもそうだけど、最近、芸能事務所の奴隷的な契約に反旗を起こすタレントが多くなってきたね。
タレントも、プロ野球の選手会の様な、個人事業主の組合が(もうあるのかな?)あれば地位の向上につながるかな。

女優さんとしては大好きだけど、歌は正直…、あんまりだなぁと思った。歌声にはあんまり魅力を感じない。女優で頑張った方がいいと思うけど。

女優の、と書いたが、ことし3月から「創作あーちすと」を標榜(ひょうぼう)している。が、わかりづらいので、ここでは女優の、としておく。ただ、その活動は、なるほど女優にとどまらない多彩さで、代表例は映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)のヒロイン、すずの「声」だろう。2016年11月に封切られたこのアニメーション映画は、1年が過ぎてまだ上映中。ことし11月12日には東京・新宿の映画館「テアトル新宿」で記念の舞台挨拶も行われたほどの異例のロングラン興行になっている。

 「1周年なんですよ!」

 目をキラキラさせながら教えてくれた。ただ-。「演技も声優も音楽も、どれが一番というのはなくて。いまは全部がメーンです。(なんであれ)“表現する”のが、のんのモットー。自由に、やりたいことに突き進んで、楽しいものを放出していくことを大切にしています」

 とはいえ、いまは音楽である。8月に「KAIWA(RE)CORD」を設立し、「代表」という肩書が刷られた名刺も作った。この名刺、画家、サルバドール・ダリ(1904~1989年)をまねたひげをつけた自画像写真も印刷した。ダリのひげが好き。好きが高じたつけひげのコレクションをテレビで披露したこともある。で、この名刺の写真。よく見ると、ひげの両端がカイワレダイコンになっている。「えっと、普通にこうやって人に会って話すのが苦手っていうのが、のんとしてはあるのですが…。音楽だったら会話はできる。音楽で会話する」

 だから、「会話レコード」。ついでに、カイワレダイコンも好きなので「カイワレコード」。ロゴマークも作った。レコードからカイワレが生えているイラストだ。

 のんさんは、兵庫県のほぼ中央に位置する神河町(かみかわちょう)で生まれ育った。人口1万2019人。「兵庫県民でもあまり知らないようなローカルな場所です」とはご本人。町のホームページを開くと「神河町は『のん』ちゃん(本名・能年玲奈さん)を応援しています」という応援コメントが目に入る。のんさんは町のPR動画に出演したり、町で撮影した写真集を出版したりしているのだ。音楽とは、そのふるさとで出合った。のんさんの説明によれば「町職員の“マサやん”」が、公共施設の倉庫に「ギター、ベース、ドラムなど一式を“隠し持って”いて」、子供たちに手ほどきをしていた。神河町のブレーメンの音楽隊、マサやんだ。

 能年家の小学6年生の玲奈ちゃんも、友人に誘われてマサやんの倉庫に出かけた。友達とバンドを組んだ。まずは、ボーカルを担当。中学生になると、エレキギターを弾くべしと言う天啓にうたれる。誰かを見て影響されたわけでもない。

 「目立ちたがり屋だったので、やっぱりギターがいちばんかっこいいぜ、みたいな」

 シンガー・ソングライター、大塚愛さん(35)の曲や歌手、小泉今日子さん(51)「学園天国」のコピーから入り、3人組ロックバンド、GO!GO!7188(ごーごーなないちはちはち)をレパートリーにするなど。いわゆる“バンド色”を強めた。ロックスターになりたかった。

 だが、14歳で芸能界入り。中学卒業と同時に上京して、バンド活動には終止符。ローティーン向けファッション誌のモデルから始まり、映画の端役、CMとキャリアを積み上げ、12年にオーディションで射止めたのがNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(放送は13年4~9月)のヒロイン。19歳から20歳までを「天野アキ」として駆け抜けた。

 「いまも『女優でやっていきます!』みたいな、わかりやすい存在であるほうがいいですか?」

 24歳。「あまちゃん」のころより4つ歳を重ねたのに、目の前にいるのんさんは、どうにもあのころのままに見える。「16歳に見える」と伝えたら「若く見られた中で最年少」と笑われたが、「表現こそモットー」などと言われるて、難しそうなことを…と、うっかり口を滑らせてたら、そう問われた。

 「難しくないですよ。自由奔放で楽しいです。いま、スケジュール調整なども自分で決めています」「責任重大では」と尋ねると「そうですね。でも、スタッフと話し合って、作戦を立てたうえで決めますから」。「代表」の肩書にふさわしい答えが返ってきた。

 ことしライブの舞台を3度踏んだ。8月の都内のイベントでは、「オヒロメ・パックEP」と題したカセットテープを限定500部で販売。サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」(1974年)とRCサクセション「I LIKE YOU」(90年)の2曲をカバーした。前者ではミカ・バンドにいた高橋幸宏さん(65)がドラムをたたき、小原礼さん(65)がベースを弾いた。後者ではRCの仲井戸麗市(67)が生ギターを弾いている。9月にはこのカセットを、こんどはシングル盤レコードとして1500枚限定で販売。マニアックなパッケージ形態が先行したこの2曲に新たに2曲を追加したのが、22日に出るCD「スーパーヒーローになりたい」だ。追加した曲「へーんなのっ」は、のんさん自身の作詞作曲。生まれて初めて作った。

 「曲作りは難しい、自分にはできないと思い込んできたけど、去年(芸名が)『のん』になってから、自由で、好奇心が解き放たれました。先入観を取り払って作ってみようと思ったんです」

 十数曲のストックができた。発表したいという気持ちが、KAIWA(RE)CORD設立の動機となった。

 「へーんなのっ」の歌詞には11月のクリスマス、赤い靴下、不思議な柄のトレーナー…など、のんさんが「変だ」と思うものが次々と出てくる。「変でもいいじゃん、という気持ちと、変なことは変だってはっきり言ってやるぞっていう気持ちが混じり合っています」と説明する。変でもいいじゃないか。あるいは、それは変じゃないか。だれに向かって叫んでいるのか。「いろいろ、ご想像にお任せします」

 表題曲はシンガー・ソングライターの高野寛さん(52)が書き下ろした。音作りに関しては、歌手の沢田研二さん(69)の大ヒット曲「TOKIO」(1980年)のような派手さをリクエストした。きわめて独特の歌声といっていい。「(「この世界の片隅に」)のすずさんの“波動”と歌声の“波動”が同じ」とはファンらの評だが、要するに話し声と歌声が変わらないという意味で、珍しい。音程が多少揺れてもなんのその。このあたりは、もうパンクロックの領域だ。

 そして「I LIKE YOU」以外ではのんさんもギターを弾いた。スタッフによれば、「タイムマシンにおねがい」に参加したギター奏者、佐橋佳幸さん(56)が感心していたというから、腕前は折り紙つき。有名ギターメーカーから「のんモデル」を作りたいという話も舞い込んでいる。ところで、天真爛漫(らんまん)な、「あまちゃん」のままの受け答えで気になったのは、自分を「のん」と呼ぶこと。これ、自身を商品、キャラクターとして客観視する冷静なプロデューサー目線のなせるわざなのではないか。そう思う先から、ユニークな言葉が投げられる。一筋縄ではいかない。「スーパーヒーローになりたいんですよ。ロックスターで、スーパーヒーローに。そして、世界を救うんです!」(文化部 石井健)

これに対してネット上では、

別に悪い感情はないけど、正直歌は下手くそ。
お金でもめて仕方ないのかもしれないけど
家族と謎の先生の素人マネジメントだとせっかく女優として才能があるのにもったいないよ。

女優としてオファー貰うまでのつなぎだと思う。歌はイマイチかな。
演じているのんちゃんが観たい。

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



wiggle
痛くて全部読むのやめた。迷走してるね。

名無しさん
この子は変な方向に行っていると思う。

名無しさん
一度メジャーになった人がリタイヤして同人活動で小銭稼いでる感じ
現在は実力で売れてるというよりは過去の知名度で注目されてるだけなんだよね

名無しさん
音痴、やめたら

名無しさん
たまにのんちゃんのスタッフこそが
のんちゃんに惚れ込みすぎではないかと心配になる。
彼女の生い立ちを知ってるファンには
なるほど、本業が厳しいなら原点回帰で暫くはやってくのかと思えるが
ただあまちゃんの能年玲奈を知ってるだけの人には唐突すぎて
彼女の暴走に見えるのは仕方ない。
のんスタッフがのんちゃんにしっかりツッコミを入れつつ
のんちゃんを売り出せば良いのになあ。
客観性のある言動をさせるだけで世間への印象がだいぶ変わるのに。
ギターも歌もハイペースで上達してるので
自分は音楽活動も期待してるよ。

ミク3
NHKの番組で売れて事務所を直ぐに独立は難しいですね。
事務所も売れるために多額のお金を使います。
歌は厳しいですね。

名無しさん
歌はやめといたほうがいいと思うけど
まあ頑張れ

名無しさん
この子を見ていると、欲と利権、栄光と挫折を痛感してしまう。
役者として地道に活躍していけば良かったと思うのだけれど
同世代の人よりは稼いでいる訳だから
第二の道を選んで行ったのが良いのでは
マスコミに面白がって記事にされているより良いと思う

名無しさん
相変わらず天然ですね。
夢でも見てるのかな。

kaya
女優のお仕事あるといいね



名無しさん
歌はやめといたほうがいいと思うけど
まあ頑張れ

名無しさん
謎の先生?が現れてからでしょ。
今の状態では、サブカル路線しか難しいと思う。
早く完全なフリーになるように
事務所と話をしないと、逃げてばかりじゃダメだ。
契約期間中は他社から彼女に直接仕事をオファーできない。

sarai
今の西内まりやと同じだね。
結局、タレントと事務所の前に人同士だからね。考えのスレ違いや求めてるものがお互い違ってたりするでしょうね。
かといっても自分の求めてるものには簡単に近づけるものでもないのは芸能人も一般人も同じだから世間の「甘えてる」て意見もわからなくもない。目指してるものに近づける前に苦労や挫折がつきもんの、近づける人だって一握りだと思う人並み以上の事をするなら特に。
まぁ、でも早く女優としての彼女が見たい。
ちゃんとした事務所には入った方がいいね、なかなか難しいだろうけど。
でも、応援してます。前事務所ももう好きにしてあげなよ。

名無しさん
完全な迷走ですな。金持ちが子供に何でも挑戦させてやるんだ~とか言って金出して、子供は何か一つに絞ることはなく、何もかもが半端なままで実際には何にもまともにこなせないみたいな、ありがちなのを芸能界でやってるのを見てる気分。
大人しく女優業でもう少し軌道に乗ってから音楽も考えればいいのに、以前ほど女優業も話題にならないままギターも歌も下手くそなまま歌手としても活動しますってのはプラスになることはないと思う。AKBみたいな握手券売りとかでもすればアイドル路線な歌手としては成功する可能性はあるのかもだけど。

名無しさん
女優の仕事くるといいな。事務所は才能潰すためにあるの?
この方とスマップ見るとそう思ってしまう。


バラエティ番組でギター弾かされて笑われてたけど、手ほどきうけたような弾き方してた記憶がある。笑ってた芸人さんは弾けるのかな。がんばれ能年じゃなくてのん。

名無しさん
この人もSMAP同様に
泳がされているのか自分発信か
分からない人
ほんとにそれ本心?と聞きたい

名無しさん
強いのか強くないのか、タフなのかタフじゃないのか、よく分からないけど、そんな外野の声を気にする風もなく自分らしさを頑張っているところが、スゴイ。
頑張ってください。

GutsOsomatsu
芸術家肌なのかね
実力のほどは知らんけど

名無しさん
声の通りはすごいものがあるが、アドリブがきかないばかりにバラエティーでおもちゃにされて気の毒でしたもんね。
本業で頑張っていれば、また輝く日が来ると思います。

などの声が飛び交っています。

-女優

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『わろてんか』女中トキ役、徳永えりは朝ドラ3作目の実力派! 濱田岳との掛け合いも必見!

NHKの朝ドラ「わろてんか」に出演中の徳永えり(29)に注目が集まっています! 「風太役の濱田(岳)さんも、万丈目吉蔵を演じている藤井(隆)さんも本当に厄介な人たちで(笑)。あの手この手で人を笑かしに …

桜庭ななみが北京プレミアで中国語を披露!現地関係者からは絶賛の声

女優の桜庭ななみが現地時間20日、中国・北京で行われた香港・中国合作映画『マンハント』(2018年2月日本公開)のプレミア上映会に参加し、約500人の報道陣を前に「偉大なジョン・ウー監督のもとで、作品 …

元AKB48の大島優子、語学留学のためNYに渡米!!留学という名の海外逃亡じゃあ・・それよりピースの綾部先越されちゃったなw

元AKB48の大島優子(28)が語学留学のため、米ニューヨークに渡航したことが19日、分かりました。 女優としてイマイチパッとしない感じなのに留学したらますます忘れ去られそうな気がするんですが大丈夫か …

魔性の女・斉藤由貴が不倫騒動後初のイベントに出演!何度も不倫してるのに炎上しないってスゴイ!

家族ぐるみで付き合いのある50代医師とのW不倫が話題となったお騒がせ女優・斉藤由貴(51)が、7日に都内で行われた作詞家・松本隆氏(68)のデビュー47周年記念ライブイベントに出演しました! 2018 …

川島海荷♡40代のTBS局員とほろ酔いで手をつなぐも…恋愛関係は否定?

9月のある金曜日、都内にある人気肉料理専門店で目撃されたのは川島海荷(23)とTBS局員の「ちょいワル」編成マンA氏でした。 名物のジビエ料理と赤ワインでほろ酔いの2人は店を出ると、どちらからともなく …