映画

映画『鋼の錬金術師』がオール日本人キャストになった理由とは?

投稿日:


荒川弘による世界的人気コミック『鋼の錬金術師』の実写映画(12月1日公開)は、なぜ西洋風の世界観でありながら日本人キャストのみで撮影が行われたのでしょうか?
原作の背景から研究し、本作を作り上げた曽利文彦監督がインタビューで理由を明かしました!

原作に寄り添いたかったなら実写化するべきでなかったと思う。
暗殺教室しかり、ジャニタレが主役という時点で実写化はただのコスプレショーにしかならない。銀の匙もジャニタレだったし、荒川さんほどの名作を生み出すヒットメーカーが、実写化の役者に恵まれないのが気の毒。

ーーまず映画公開が発表された際に、映画『鋼の錬金術師』が続編ありきでない1本の作品として発表されたことが印象的でした。

 続編を作ることを考えていたかというと、全く考えていなかったというのが正直なところです。やはり一本の映画にしたいという気持ちがあって。なるべく原作に寄り添いたかったので、だいたい3分の1のエピソードを詰めるのが精いっぱいでしたけれども。

ーー原作の序盤だけではなく全体の要素も絶妙に織り交ぜたストーリーには、原作をもう一度読み返したくなるほどの衝撃を受けました。

 もともと原作が好きでいろいろと見ていましたが、脚本を作るにあたってあらためてコミックスを読み直しましたね。大切な要素がいくつもあるので、なるべくテーマの部分や芯の部分をはずさないように気をつけました。ディテールは、出版社さんとやり取りをしながら詰めていきました。

ーー原作を知っているからこそ驚く展開もありましたね。

 ただコミックスの“再現”をするという気持ちは全くありませんでした。原作に寄り添いつつも意外性や驚きを要所に含ませているので、ファンの方にもそうでない方にも2時間楽しんでいただけると思います。

ーー確かにキャラクターも原作の“再現”ではない、映画『鋼の錬金術師』の物語の人物として生き生きと動いているように感じました。

 荒川先生が描いているテーマや芯の部分がズレていなければ、実写のオリジナリティーがあっても許していただけるのではないかと考えました。ですが、芯がブレてしまうと「鋼の錬金術師」ではなくなってしまう。

ーー監督が思う「鋼の錬金術師」の芯とは?
荒川先生のご実家が農業や酪農を営んでらっしゃって、幼少期からずっとそこに触れていたという背景があって、あの物語ができたと思うところがあるんです。命の向き合い方に対しても、荒川先生だからこそ踏み込んでいるところがある。それが一番のコアになっていると思います。自分たちには想像ができても理解できなかった部分も原作は、われわれでは迫れない視点から命を見つめている。

ーー原作が描かれた背景も考えられた上で、今作に至ったということですね。

 そうですね。やっぱり再現するということではなく、作品そのものを描くというか。包括的に見て、作品の目指しているモノや日本の文化等を含めて描き切らなければならないと思っています。

ーー原作キャラクターは西洋ファンタジーのような出で立ちですが、日本人キャストで作り上げた理由もそこに?

 例えばイギリスのような具体的な国名が出ていたら、イギリスなのに日本人“だけ”しかいないとなれば違和感しかないと思います。しかし今回は架空の国で何も制約がなかったというところが大きかった。コミックスは日本語で描かれているので、セリフ一つにしても英語で言われるとしっくりこない部分が出てくると思います。ましてや描かれている荒川先生自体が日本人なので、ルックはヨーロッパ調であっても、登場する文化や人間の関係性やソウルの部分が確実に日本なんですよね。それを映画化する際にルックだけ合わせに行っても、「鋼の錬金術師」にはならないと自分は思っています。日本人が演じることで、荒川先生が描こうとしたテーマやキャラクターの人間性・関係性を全くズレずに描けると思うんです。もし欧米の方が演じられたら、外見はよりパーフェクトなものになるかもしれませんが、ハートの部分やソウルの部分は明らかに違うものになる。日本人キャストで、日本人が本作を手掛ける意味はそこにあると思います。

ーー今回のキャストをそろえて、日本人が作ることに理由がある。
「鋼の錬金術師」には有名なセリフもありますけれども、日本人が気持ちを乗せて発したセリフが一番われわれに響くと思います。ルックはある程度寄せていけても、心の部分や文化の違いを寄せることは相当難しい。その面を考えると日本人キャストでよかったと思います。芯を捉えた「鋼の錬金術師」になったと自分は思いますね。

ーー確かに人気のセリフの一つ「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」を英語で聞いても、しっくりこない気がします。

 こないですよね(笑)。日本語で聞きたいですし、あの気持ちは日本人だと思います。もちろんルックはいろんなご意見、ご批判あると思いますし、イメージに合う・合わないがあるかと思いますが、どちらを重要視するかですよね。でも映画ではストーリーを鑑みなければならない。そこに日本人で映画『鋼の錬金術師』を作る意味はあったと思います。

これに対してネット上では、

ハガレン実写化に手を出さないという選択肢もあったんじゃないかな?

アニメは絶対に実写化するな。良作を駄作にする行為だ。利益だけを求めた作品に用はない。

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
トップ画のポスター真ん中だけ異様に空いてて主役誰なんだよって思ったらジャニーズの人か。
ジャニーズ写真禁止なの?
こんなこと毎回してたら違和感半端ないよ。
ジャニーズの主役やめたらいいのに。

名無しさん
学芸会じゃないんだから、実写化の映画作るなら原作に沿って真面目に作って欲しい。
オリジナルにしたいなら、実写化の映画を作らないで欲しい。

三色団子
そもそも実写化するのが間違い。
実写化したハガレンを「面白いかも」と期待して見に行く人より「どれだけ酷い出来なのか」という好奇心で見に行く人の方が多そう。

名無しさん
アニメ映画でよくないです?

名無しさん
>映画化する際にルックだけ合わせに行っても、「鋼の錬金術師」にはならないと自分は思っています。
ルックスだけならね。
でも見た目だってとても大事な要素。

名無しさん
ご自身の監督業って世界の中の上では、真面目に真摯に、実直に取り組んでおられるのは、Twitterでの発言を見ても分かる
だけど、ハガレンの世界を実写で構築する為に超えなきゃならなかった壁は何一つ壊していないんだよね
これはもう、監督だけじゃなく日本映画の病巣といってもいいんだけど
多分、この後も色んな媒体で発言されるだろうけど、話せば話すだけファンは離れていっちゃうと思う

名無しさん
タイトルがアホすぎる。邦画なんだからそりゃキャストは日本人になるでしょ。
全員日本人キャストが悪いとは言わないですが、結局事務所の力で選んだんだなと毎回思わせられる人選。実写化に限らずどの邦画もですがね。若くてイケメンならだれでもいいではないですよ。テレビや映画がいまいち盛り上がらない日本ですが、ちゃんとした演技のできる俳優、女優を選べばもっと盛り上がると思いますけど。学芸会レベルが多いから視聴者を引き付けられないのですよ。

hat
荒川先生が9年かけて、100話かけてじっくり描いてきた物語がたった2時間で表現できると思うなんて、なんて自信家なんでしょう。今回の映画がコケてその無駄に伸びまくった鼻がぽっきりと折れてしまわないと良いですね。

名無しさん
試写会ってある意味物凄い怖いよね(^^;;

名無しさん
じゃあ海外のキャストで撮ってアニメのキャストで吹き替えるのがベストだったのでは???



yahoolank
あのCMにした意図は?
まるでコメディ映画じゃないか。
原作リスペクトしていたら、あんなCM絶対作れないと思う。

名無しさん
エド好きだったのに一番メインの役にジャニタレをもってくるのが気に食わない
乱交騒ぎをおこして少女を妊娠させて中絶させた奴だったね

名無しさん
ツイッターで外国人のコスプレイヤーの画像が出回ってましたがそっくりでした。寄り添うなら手を出さない、散々食い散らかして原作イメージを落とすような事はやめて欲しかった。

名無しさん
結局力の強い事務所の所謂イケメンが主演
周囲も実力より事務所がプッシュしたい人ばかり
なんだろう、客を馬鹿にしてるのかな
それとも税金対策か何かで失敗しなきゃいけない理由でもあるの?

名無しさん
このインタビューを見ても、何のためにマンガが原作の作品を実写化したかが分からず、言い訳にしか思えない
そもそもマンガやアニメが原作の作品を実写化したいのは、原作の持つ世界観を実写で表したいからじゃないの?
見る側は、その世界観を期待して見ると思いますよ

名無しさん
当たり前日本のアニメだもん。

名無しさん
進撃の巨人は世界観からして酷かったなぁ。観賞しるなら原作リセットで観ないとな。

名無しさん
あくまでも、映画も商売の一つ
お金にならなきゃ意味がない
それを踏まえたとき、漫画アニメファンだけが見に行くような映画にしないためには
日本の場合、有名なキャストを使って、それぞれのファンであったりドラマとかでそのキャストを見て知ってるからっていう層を取り込まないといけない
って考えてるんだろ?だからジャニーズ使わないと見たいな感じになる
ならアニメの実写化をしなければいいんだよ
これまで散々こけてきてるんだから、需要がないって監督達は気づくべき

あらら
実写化という行為そのものに自己満足してるだけの作品というのがひしひしと伝わってきます。
最近はそういう感じの、ちょっと金の掛かった二次創作的な立ち位置のマンガ原作映画多いよね。
とりあえず、制作側が実写化可能なマンガと不可能なマンガの区別がつけられないうちは実写化なんて考えちゃダメだと思うよ。

maxy
荒川弘の作品は実写化しないほうが正解。
むしろ最近の漫画実写化で成功したものってどれだけあるの?
いい加減焼き畑農業はやめろよ。自分でものが作れないなら無理に人様の褌で相撲取って名を汚すようなことはするなよ
原作者も金の問題あるのかもしれないけど、安易にOKしないでほしいかな。

などの声が飛び交っています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英俳優エド・スクレイン「ヘルボーイ」人種問題で批判殺到で泣く泣く降板!行き過ぎな気もするけど・・。

8月28日 映画シリーズ「ヘルボーイ」最新版 英俳優のエド・スクレイン氏(34)が 出演を取りやめると発表しました! 降板の理由は、彼の役が原作コミックでは日系米国人だったため、 白人以外の役を白人が …

スター・ウォーズの新キャラ「ポーグ」が最新トレーラーに登場!愛らしいヴィジュアルに米国ファン熱狂!

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する新キャラクター「ポーグ」の姿が最新のトレーラーに登場! 全米のネットユーザーが熱狂の渦を巻き起こしました。 その愛らしい見た目から、子供たちの支持も得 …

賛否両論の実写版「ハガレン」監督がツイッター開設!原作ファンからの苦情相次ぐ

実写版「鋼の錬金術師」の監督・曽利文彦氏が開設したツイッターアカウントがプチ炎上していることが分かりました! 映画公開前に始まったキャンペーン向けに作られたアカウントですが、実写化に対する批判も多く、 …

金曜ロードショー3週連続「スター・ウォーズ」のラインナップがなぜ「5」からなのか?

12月1日21時より、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(以下、金ロー)にて、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」が放送されます。同番組では3週連続で「スター・ウォーズ」シリーズが放送されるのだが、その …

「スター・ウォーズ:エピソード9」、監督交代で公開日が2019年12月20日に延期!!

「スター・ウォーズ」シリーズの「スター・ウォーズ:エピソード9」の監督交代を受け、公開予定日をこれまで発表していた2019年5月から2019年12月20日に延期されることが判明しました!! 5月から1 …