お笑い芸人

お笑い芸人・ロザン菅が「学歴は必要」と結論した理由とは?

投稿日:


人生で成功するために、学歴は必要なのか。お笑いコンビ・ロザンの菅広文さんは著書の中で「必要」と断言している。「学歴が関係ない芸能界でも、子供には学歴を求める傾向がある」と補足するのは、相方の宇治原史規さん。「京大卒でクイズ番組常連のほう」と「イケメンで作家のほう」という2人が、そう考えるようになった理由とはいったい何でしょうか?

スガちゃんって面白いよね。
もっと関東で見れたらいいのに。

学歴は必要。
だけど、人生において生きる一つのアイテム。

ベストセラーとなった小説『京大芸人』シリーズで、相方・宇治原史規さん(京都大学法学部卒)の「高性能勉強ロボ」ぶりと、同級生二人で芸人になるまでの道のりを描いた、ロザンの菅広文さん。菅さんが宇治原さんを観察し続けて確信した“究極の学習術”を詰め込んだ本が、『身の丈にあった勉強法』(幻冬舎)。「京大卒でクイズ番組常連のほう」と「イケメンで作家のほう」と、インテリ芸人として活躍ぶりを目にしない日はないほど人気のコンビだが、そんな彼らも実はもう40代だ。

 1976年生まれ、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎で同級生として出会い、京大と大阪府立大、互いの大学在学中にお笑いコンビを結成。アイドル的人気を博したり、クイズ番組優勝で一気に全国区へ知れ渡ったりという成功の裏で、思い通りにならないこともたくさんあった。キャリア22年目を迎えた40代のロザンは、どんな人生訓を学んできたのだろう。

■宿題は「罰」ではない

 40代ともなれば「勉強」は自分だけではなく、子供世代のものでもある。読者の中にも、子供の勉強や受験をやきもきと見守る方がいらっしゃるのではないだろうか。「みんな、先生に出された宿題をやっていないことにとらわれすぎだと思うんですよ」、菅さんはいたずらっぽくほほ笑む。

 そもそも宿題は、先生が生徒の理解度を把握するためのもの。そして親が心配から「宿題はやった? 」と聞いた瞬間、子供にとって宿題は「罰」になるというのが、彼の持論だ。「自らやる行為でなくやらされる行為になったら、やる気も理解度も下がる。やらずに先生に怒られたほうが、子供はよほど宿題の意義を理解するんです」(菅さん)。相方の宇治原さんも、「僕にとって宿題はゲームと同じ、遊んでいるのと一緒でした」と、さらりと言い切る。

 彼らから感じられるのは、子供の勉強はあくまでも主体的であるべき、楽しいと思えない勉強ならしない方がマシ、というスタンスだ。自分がワクワクすることを追求する。それは、彼らの「就職」や「キャリア」にも通じてきた。ともにサラリーマン家庭に育ち、高学歴を手にしながらお笑い芸人になったのも、「売れてテレビに出ることに憧れて、なんや面白そうやなと」(宇治原さん)、「若気の至りです」(菅さん)。しかも「芸人も、医者も、弁護士も、自分たちの中では並列だった」(菅さん)という。

 若手時代、関西の番組企画でお笑いコンビを集めてダンスユニットを作ることになった時があった。お笑い芸人としてのプライドから、歌って踊らされることに抵抗がなかったわけがない。「でも僕らは、自分の意思で一度引き受けたなら、どんな仕事も面白いものにしようとベストを尽くす性格なんです」(菅さん)。そう考えられるのは、長いスパンで見ているから。そんなスタンスや集中力は、「確かに、受験勉強で培ったものでしょうね」と、二人はうなずいた。

■学歴とは浮輪のようなもの

 『身の丈にあった学習法』の中でも印象的なのが、「学歴は必要」とはっきり書いていることだ。菅さんは「芸人の世界では、自分に学歴があろうがなかろうが、子供には学歴を求める傾向がある。それは学歴が必要であると体感しているからだ」と書く。宇治原さんも「実際、芸能界ではどの人も自分の子供は勉強熱心に育てている。結果が一番雄弁に物語っていますよね」と言い添える。学歴無用論が“スマート”とも評される風潮の中で、なぜ「学歴は必要」と断言できるのか? 

 菅さんはしばらく考えたあと、「学歴って、浮輪みたいなものだと思うんですよ」と言葉を探し当てた。子供を海やプールでいきなり泳がせるのは忍びない。せめて浮輪をつけておきたい。というのも、親自身も自分は浮輪がなくて苦労したことがあったから。あるいは、たまたま泳ぎがうまくて人より速く岸に泳ぎつけたにせよ、あの時浮輪があればもっとうまくなれたのではないか、泳ぎ方を練習できたのではないかと、後悔があるから。だから、子供にも浮輪としての学歴が必要だと考える親が多いのではないか、と続ける。

 「ただ、立派な浮輪があるとそれに頼ってしまって、浮輪をなかなか外しにくいというデメリットはあるんですけれどね」と、場が感心するほど納得感のある説明を終えた菅さんに、すかさず宇治原さんが「めちゃめちゃいいのを思いついたなぁ」と突っ込んだ。「僕らだって、本当は浮輪を外した方が速く泳げるのに、という場面もあるかもしれないです」と、菅さんは冷静な視線も忘れない。「まあ、これだけ学歴学歴と言っておいて、宇治原さんの子供がアホやったらええなと」(菅さん)。「それは面白い」(宇治原さん)。

■上司には敬意を。同期への嫉妬は「ムダな時間」

 社会人キャリアも20年選手の40代は、中間管理職として、組織の垂直方向にも水平方向にも、さまざまな悩みの渦中にいるだろう。しかも競争の中で育たざるを得なかったため、社内政治や周囲の出世など、決して心穏やかにはいられない。そんな中でわれわれはいかに生きるべきか? 

 実力主義の世界だからというのはあるかもしれませんが、と前置きしつつ、「芸人の世界では、年上だというだけで敬意を持つものなんです。だから、尊敬しない上司(先輩)はそもそもいない。尊敬できない上司は消えていく、厳しい世界ですからね」と、菅さんは指摘する。まず敬意あり、礼儀作法は後からついてくる。「先に生まれたと書く先生は、もうそれだけで偉い、という考え方を受け入れようということです。上司も同期も、全員に敬意を持った上で接さねばいけない。たぶんそこが欠けていると、会社でも世間でも苦しいのではないですかね」と、宇治原さんも諭す。

 「なぜあいつが上司なのか」「なぜあの同期に負けるのか」といった不公平に感じられる人事も、客観的に長いスパンで見ると人事の間違いは少ないのだとか。「一度、自分が人事部になったつもりで配置してみるといいんです。すると、だいたい同じ結果になったりするかもしれない。全体を見渡すと、人事は意外と公平な判断をしているんですよ」(宇治原さん)。

 自分たちだって、売れていく同期を見てざわつく気持ちがなかったといえばうそになる。「でも結局、適材適所なんですよね。僕たちは選ぶ側ではなく、選ばれる側。『商品である』という感覚が強いのかもしれません」との菅さんの言葉を引き受けて、宇治原さんはこう説明する。「冷めているわけではなくて、別の感情の使い方をするんです。嫉妬のような無駄なことに感情を使わないでおこう、と」。

 学生時代から無駄が大嫌いだった、と宇治原さんは言う。どんな小さなことでも、例えば駅まで走るくらいのことでも、走る以上は絶対に電車に間に合いたい。受験だって、するなら絶対に受かりたい。そんな宇治原さんは「無駄にエネルギーを使いたくないから、負の感情を持ち続けないんです」。大波がうねる芸人の世界に20年以上身を置き、ストイックに自分たちの芸を磨き上げてきた男たちが言うと、説得力がある。

■「ワープ」を夢見ない、身の丈にあった成長をするために

 「よくそういう記事がありますが、年収500万円の人が年収1000万円の人をうらやむとか。そういう比較と嫉妬も、僕はあまり意味がないと思います」と、菅さん。収入が少ないならその分、それなりの自由や休暇があるかもしれない。人より高い年収は、それなりの長時間労働やストレスの対価だったりもする。そこでどう考えるかが身の丈にあった生き方をできるかどうかで、ただ比較して何が何でも上を目指すのがいいわけではない。自分は何を楽しいと思うかを大事にしたとき、その競争には本当に価値があるのだろうか? 

 「向上心も使い方次第だと思うんです」と、菅さんはよしもと新喜劇の後輩の話をしてくれた。いつか月収100万円欲しいと漠然と夢を語る後輩に、菅さんはまず「座長がいくらもらっているか聞いたことがあるか? 」と尋ねたという。座長のギャラの額と出演回数を知れば、自分が今後どこまで単価を上げ、どれだけ出演できる芸人を目指せばいいのかがわかる。それでも月収100万に満たないのなら、他にどのように仕事や活躍の幅を広げていけばいいか、見通しが立つ。夢は、目標への距離を小さな単位に割って、一つ一つクリアしていくものだ。

 宇治原さんも「一年後に京大に受かるためには、今日何をすればいいか、明日何をすればいいか。細かく予定を立てていったとき、これを完遂すればいいんだ、と合格が見えたんです」と語る。500万から1000万を望むのではなく、まずは501万にすることを目指さなければいけない。「みんなすぐに結果を欲しがってワープを求めがちですけれど、人から見てワープに見えるものは、本人はみな積み上げていったものなんですよ」(宇治原さん)。

 著書の中で、菅さんは「実力ギリギリの学校よりも、余力を持って成績上位でいられる学校を選ぶのもあり」とも書いている。それは単なる子供の学校選びにとどまらない。われわれ大人にとっても、やみくもに「上を目指せ」と教え込まれた向上心や見栄で自分の居場所を決め込んで苦しむのではなく、本当に自分にとって幸せな「身の丈にあった生き方」をするための、人生の秘訣(ひけつ)なのかもしれない。

これに対してネット上では、

学歴は浮き輪の様な物
って凄い的確な表現だな。

学歴も必要だけど、将来のビジョンも必要だなってつくづく思う。
何となくで生きてしまって、気づいたら何も持ってない・・・
コレって結構キツイ。

などの声が上げられていますが
他の声も見てましょう。



名無しさん
どんなに使えない奴だったとしても、大卒、院卒というだけで、給料に差がでる。もし学歴がなかったら、選択肢が狭まってしまう。「学歴を必要としない道に進む」のと、「学歴を必要としない道にしか進めない」では大きく違う。

名無しさん
浮き輪は良い例えだと思った。

名無しさん
浮き輪ってのは上手い表現
特化した才能がないなら
学歴くらい付けてやらないとな

名無しさん
昔、紳助さんも自分の子供が、熱心に勉強をしているから、なんで?って聞いたら、学歴があるほうが選択肢が広がるから。って言っていた。って話をしていたけど、確かにそうで、学歴があるからこそ、選択肢が広がり自分に向いている仕事ができる可能性が高い。
勉強なんてしなくていい。って言う人は、若くて使い勝手のいいバカの方が、安い賃金で働かせるから。って思っているやつなんじゃないのかなぁ?と思ってしまう。

名無しさん
「京大卒」という履歴書上の記述に意味があるのか、京大で多くの秀才と切磋琢磨した経験に自信をもつのかで、だいぶ違う。宇治原氏はなんだかんだいって後者で、つまり一流の人間と自分との間合いを客観的に測りながら、そこに合理的かつ最短の方法で到達するというスタイルを実践してる。

b
スガちゃんも高学歴だよね。京大卒が近くにいなかったら十分立派よ。

momon
私にしたらスガちゃんの府立大でも偉いけどなー

名無しさん
学歴も他の免許や資格と同様に資格の一種かと。いまだに面接時の学歴フィルターや学閥がある様な会社もある。他の免許や資格同様に資格取得の為にお金もかかる。またその最終学歴にたどり着く為にどれだけ努力をしたのかという尺度にもなると思う。

名無しさん
あー受験勉強芸人ってか。
それはいいかも。
万人の共通経験だもんな、そこに笑いが無いはずがない。
単発でやる人はいたけど、突き詰めた人は誰もいない。
頑張ってくれ

名無しさん
キャラ次第だよね。



名無しさん
学歴は、やはり誰にでもわかりやすい指標だと思います。
私は今、普通の販売の仕事をしていて、学校で勉強したほとんどの知識を使ってないけど、京大や東大や慶応に行けるだけの頭脳があったら良かったなぁ……とは思いますね。
まぁ、勉強が出来る=仕事が出来る、ではないんですけど。
でも、難しい文章を理解する力、多くの知識を記憶する力があるのは凄いこと。
頭がいいに越した事はない。
出来る事が多ければ、将来の道の幅も広がると思います。
「使えない」のと「使わない」のは全く違う。

秋noステレオ
成績優秀な宇治原君 と 世渡り上手な菅君 という印象です。
自分に学歴がなかったら、あるヤツの力を借りればいい。
例えば取引先の部長さんが慶応出身なら、同期の中で慶応のヤツと
一緒に営業に行けばいい。
逆に自分には学歴はあっても営業下手だと思うヤツは、雄弁な同期と
一緒に動けばいい。
・・・それを・・・この二人は芸能界で実現している感じがする。

名無しさん
学歴は、地頭の良さや粘り強くやり通す資質を表している。私の周りでは、自己主張を通すことに終始してより良い落としどころを探る建設的な議論が出来なかったり、どうでもいい専門知識に固執して生産性が低いボンクラは2流大学出身者ばかり(2流大学出身者が全員そうという訳では無い)。
あくまでも確率論だが、地頭の良さとおおいに関係があると思う。一人をヘッドハンティングする場合は別だが、大人数を採用する際に統計的に学歴で判断するのは至極真っ当なやり方。

名無しさん
長い記事だけど一気に読めたな!
学歴という「浮き輪」飛び出し、
別の世界入っていく勇気、成功に向けての努力って、
凄いものあると思う。

名無しさん
学歴高い人は努力ができる人が多い。忍耐を知ってる人が多い。これは素晴らしいことだ。
努力も忍耐も職種を選ばない。
ただ、学歴が浮き輪にならない社会が必要なのではないか。高校卒業の方でも、能力や適性があれば上場企業で出世できる世の中になって欲しい。

名無しさん
実力ギリギリの学校よりも、余力を持って成績上位でいられる学校を選ぶのもあり
これほんとそうだよね
大学は最終だし、ギリギリで入ってもええかもしれんけど、中学高校はギリギリで入ったり運で入ると大変
中学なんかだとついていけなくて、別の高校行く羽目になるし
教育大附の天王寺だけでも凄いんだけどな・・

名無しさん
こう言っちゃあれだけど、勉強好きじゃなくてもそれなりの大学行ってるってことは、嫌な仕事に対してもそれなりの姿勢で取り組んで結果を出してるとも言えるからね
企業としてはそちらを選ぶのは当然でしょ

名無しさん
でも、浮き輪を取りに行くのがつらすぎて途中でおぼれてしまったら何にもならない。
もし本当につらかったら別の道もあること、若い子には忘れないでほしい。

名無しさん
分かりやすい例えやな。
浮き輪があれば、沈まないし、浮き輪から離れて泳いでいても大きな波が来た時にまたつかまることもできる。
その浮き輪作れる技術も、自分の能力の一つの証明になるしね。
浮き輪が全てのことに利用できるわけじゃないけど。

名無しさん
ロザンの宇治原、南海キャンディーズの山ちゃんの受験の話は一聴の価値あり。苦労と工夫が感じられて大変参考になる。

などの声が飛び交っています。

-お笑い芸人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウーマン村本が先輩芸人たちに「宣戦布告」!?実力もないのに毒吐いちゃって大丈夫?(笑)

『エゴサーチTV』に出演したお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)が、先輩芸人たちにモノ申す! お酒の力もあってか、かなり強気な発言を続け共演したキングコング西野亮廣(37)にドン引き …

芸人ノンスタ・石田明、双子の女児誕生!実は相方想いで優しいもんね。おめでとう!

8月14日 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(37)に、 女の子の双子が誕生しました。 石田が頑張ったから今、ノンスタが 前と同様にテレビ等に出演出来ていると思うので、 悪い事ばかりでなくて今 …

内山信二、番組で腫瘍性の大腸ポリープ見つかる!切除手術で全摘出成功!

 “おデブタレント”としてグルメ番組などで活躍する内山信二(36)が6日、TBS系で放送された「名医のTHE太鼓判!」に出演した際に、大腸に6つもの腫瘍性ポリープが見つかったことが明らかになりました! …

お笑い芸人・ゆりやんがマラソン19キロでリタイア!調子に乗っちゃって~!

お笑いタレントのゆりやんレトリィバァ(27)は26日、大阪マラソン2017に参加しましたが、19キロ地点でリタイアしました! 前回挑戦時より20kgも体重が増えていたということで、太りすぎが原因と思わ …

インパルス・板倉が堤下の事故を謝罪!当人は活動自粛中

お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之(39)が29日夜、石川県金沢市内で出演したイベント「疑心暗鬼大喜利バトル~滑狼(すべろう)~金沢」の冒頭で相方の堤下敦(40)が起こした人身事故について言及し、謝 …